経営診断のススメ|損益診断

経営診断で分かる損益状況の問題点

経営診断で分かる損益状況の問題点

 

損益状況を経営診断する場合は、「損益計算書」を用いて分析します。

 

損益状況を診断すると、成長性、収益性、経費水準等の項目についての適正度合いの判定ができます。

 

また、診断結果と適正指標を照合することで改善点と改善目標が明確になり、効率的な会社経営運営が可能となります。

 

損益状況の適性診断は、毎月1回の頻度で行うのが良いでしょう。

 

 

損益状況の経営診断で重要なポイントは?

 

損益状況を経営診断するうえで重要な点は、「診断方法」と「診断結果の判定」です。

 

当然のことながら、診断方法が間違っていれば、正しい経営診断結果は出てきません。

 

また、診断方法が正しくても、診断結果の判定を誤れば、同様に正しい診断結果は出てきません。

 

従って、正しい診断方法と診断結果の判定を理解することが正しい診断結果を導き出す要点となります。

 

 

成長性

 

成長性の適正診断は「売上高成長率」から求めることができます。

 

売上高成長率 = 〔(当期売上高-前期売上高) ÷ 前期売上高〕 ×100

 

例えば、売上成長率が0%以上であれば、売上が成長していると判断できます。

 

概ね、0%~5%が標準水準です。6%~20%の範囲であれば超優良水準です。

 

標準水準を下回っている場合に考えられる主な問題点は以下の通りです。

 

・市場規模、顧客数が縮小している

 

・新商品、新市場の開拓が停滞している

 

・営業力が低下し、競合他社が台頭している

 

 

収益性

 

収益性の適性診断は、「売上総利益高営業利益率」から求めることができます。

 

売上総利益高営業利益率 = (営業利益 ÷ 売上総利益) ×100

 

例えば、売上総利益高営業利益率が0%未満だと、赤字経営ということになります。

 

概ね、10%が標準水準です。11%~20%の範囲内であれば超優良水準です。

 

標準水準を下回っている場合に考えられる主な問題点は以下の通りです。

 

・付加価値商品の構成が低下している

 

・価格競争に巻き込まれ利益が圧迫されている

 

・営業効率が低下し投下した経費の割に売上と利益が確保されていない

 

 

経費水準

 

経費水準の適性診断は、「売上総利益高経費率」から求めることができます。

 

売上総利益高経費率 = (経費 ÷ 売上総利益) ×100

 

例えば、売上総利益高経費率が100%以上だと、赤字経営ということになります。

 

概ね、90%が標準水準です。80%~89%の範囲内であれば超優良水準です。

 

標準水準を下回っている場合に考えられる主な問題点は以下の通りです。

 

・ムダムラを見逃している

 

・売上総利益の割に経費が過分にかかっている

 

・経費効率(組織体制、コスト意識等)が低下している

 

 

損益状況の経営診断の要点は「成長性」「収益性」「経費水準」

 

この他にも、損益状況を診断する方法はありますが、

 

主に、「成長性」、「収益性」、「経費水準」の3つ要点を十分に把握していれば、経営判断を大きく誤る可能性は低いです。

 

損益計算書を読める経営者は多いですが、損益状況を詳細診断できる経営者は稀です。

 

 

せっかく馴染みのある損益計算書です。普段から経営分析の資料として身近に活用すれば有益な情報を得ることができます。

 

損益計算書が読めない経営者は、まず読み解く努力から開始して、数字を把握できるようになってから損益状況の診断を始めると良いでしょう。

 

損益状況を診断する以前に、会社が赤字経営の場合は、待ったなしで会社の経営改善を推し進める必要があります。

 

なぜなら、赤字経営の行く末は倒産だからです。

 

会社が倒産すると、経営者はもちろん、社員の生活基盤も一瞬で失われます。会社が倒産して支払いが滞った場合は取引先にも迷惑をかけてしまいます。

 

倒産を避けるためには赤字経営を脱却し黒字経営を継続しなければいけません。

 

損益状況の経営診断は、赤字経営を予防するためにも、経営者が身につけておきたい能力のひとつです。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

中小企業の経営診断とは
会社の健康状態を診ることを「経営診断」といいます。人間の身体と同じように会社も定期的に健康状態を診断することで業績悪化という名の病気を予防することができます。中小企業の経営診断の主な手法と目的を紹介しています。
中小企業の清算貸借対照表/簡易資産査定
会社の資産査定の評価は清算貸借対照表で把握することが可能です。会社の体力を示す真の純資産を把握することもできます。清算貸借対照表の作成要領と共に結果判定のチェックポイントを紹介しています。
経営診断で分かる資産状況の問題点
資産状況を経営診断する場合は「貸借対照表」を用いて分析します。資産状況を診断すると、資本効率、支払能力、安全性等の項目についての適正度合いの判定ができます。失敗しない会社経営を支える診断方法と診断結果の判定方法を照会しています。
経営診断の前に理解すべき経営目標
経営診断の効果を効率よく会社の成長に結びつけるには正しい経営目標が必要です。経営目標がなければせっかくの経営改善努力は無駄となります。効率よく会社を成長に導くために必要な経営目標の一例を紹介しています。
中小企業の成長性分析と経営診断方法
中小企業の成長性を計る経営診断は長期的な会社経営を目指すうえで重要な診断となります。中小企業の成長性分析には「売上成長率」と「企業の果実」の2つの経営指標を使います。夫々の計算方法と判定基準を分かりやすく紹介しています。
中小企業の安全性分析と経営診断方法
中小企業の安全性を計る経営診断は安定経営を実現するうえで重要な診断となります。中小企業の安全性分析には「自己資本比率」と「当座比率」の2つの経営指標を使います。夫々の計算方法と判定基準を分かりやすく紹介しています。
中小企業の労働生産性分析と経営診断方法
中小企業の労働生産性を計る経営診断は効率的な会社経営を実現するうえで重要な診断となります。中小企業の労働生産性分析には「労働分配率」と「1人1時間当たりの付加価値」の2つの経営指標を使います。夫々の計算方法と判定基準を分かりやすく紹介しています。
中小企業の収益性分析と経営診断方法
中小企業の収益性を計る経営診断は長期的な安定経営を実現するうえで重要な診断となります。中小企業の収益性分析には「売上総利益高営業利益率」と「付加価値金額」の2つの経営指標を使います。夫々の計算方法と判定基準を分かりやすく紹介しています。
中小企業の経営リスク分析と経営診断方法
中小企業の経営リスクを計る経営診断は安定経営を実現するうえで重要な診断となります。中小企業の経営リスク分析には「売上総利益高経費率」と「1社あたりの売上占有率」の2つの経営指標を使います。夫々の計算方法と判定基準を分かりやすく紹介しています。
中小企業を成長させる管理会計のススメ
管理会計とは会社の数字を有益な情報に変換、管理、運用し、企業の経営力を高める会計手法のことです。管理会計は危機管理面でも優れた効果を発揮します。管理会計の概要と共に様々な導入メリットを紹介しています。
中小企業の経営診断/秘訣と効果
中小企業の経営診断の本来の目的と効果を理解しないと十分に効果を活かせないことがあります。そして、経営診断の効果を活かすには秘訣があります。経営診断の主な秘訣と効果を紹介しています。
中小企業の経営診断/異常値の見つけ方
会社と経営者が意思疎通するうえでの共通言語は世界共通、数字しかありません。従って、会社の異常値は数字で感知するしかありません。異常な数字を感知する秘訣と効果を分かりやすく紹介しています。