経営能力を試される事業再生とは

中小企業の事業再生手法と成功の秘訣

中小企業の事業再生|基本と成功の秘訣

 

事業再生ほど経営者の経営手腕が試される機会はない。

 

なぜなら事業再生には、経営者に必要な能力のすべてが集約されているからだ。

 

当然ながら、事業再生に必要な経営能力がひとつでも劣っていると、事業再生の成功率は著しく低下する。

 

また、事業再生の成功条件、並びに、成功ステップを誤っても、事業再生の成功率が低下する。

 

事業再生が経営手腕を試される機会と云われる所以は、ここにあるのだ。

 

中小企業の事業再生を成功に導くうえで欠かせない条件は、ふたつある。

 

ひとつは「1年分の運転資金」、もうひとつは「会社の強み」である。

 

事業再生が完結するまで、最低1年はかかる。

 

せっかく事業再生に取り組んでも、途中で運転資金が底をついてしまったら元も子もない。

 

事業再生を成功させるためには、予め、1年分の運転資金を確保する必要があるのだ。

 

また、事業再生を成功させて安定成長の軌道に乗せるには、会社の強みがなければならない。

 

なぜなら、せっかく事業再生に成功しても、会社の強みがなければ、事業が先細りとなり、何れ破綻を迎えてしまうからだ。

 

1年分の運転資金と会社の強みは、事業再生を成功させるための必須条件である。

 

 

中小企業の事業再生を成功させる秘訣とは?

 

中小企業の事業再生を成功させる秘訣は3つある。

 

ひとつは「事業再生に着手するタイミング」、ふたつ目は「事業再生計画の作成」、三つ目は「事業再生計画の実行」である。

 

この3つの要素のどれが欠けても中小企業の事業再生は成功しない。

 

事業再生の手法は下記の通りである。

 

 

事業再生成功の秘訣「事業再生に着手するタイミング」

 

中小企業の事業再生に着手するタイミングを誤ると、失敗リスクが格段に高まる。

 

例えば、資金に余裕がなく、1年分の運転資金の確保が困難な状況では、事業再生は失敗する。

 

つまり、事業再生に着手するタイミングは、1年分の運転資金が残されている時点がデットラインになる。

 

多くの中小企業は運転資金にゆとりがなくなり、債務超過に陥った段階で、慌てて事業再生に着手するが、債務超過に陥ってからの事業再生では最早手遅れである。

 

中小企業の事業再生は、最低でも資本欠損に陥った段階で着手しなければならない。(理想は単月赤字になった時点がベストである)

 

なぜなら、中小企業は大企業とは違って、事業再生に必要な資金を簡単に調達することができないからだ。

 

債務超過に陥った状態で、事業再生に必要な資金を調達できなければ、そのまま倒産ということもあり得る。

 

従って、中小企業が事業再生に着手するタイミングは、「赤字経営に転落した時点」、或いは、「資本欠損に陥った段階」の何れかで実行しなければならない。

 

 

事業再生成功の秘訣「事業再生計画の作成」

 

事業再生計画は、事業再生成功のカギを握っている。

 

当然ながら、事業再生計画がいい加減では、事業再生は成功しない。

 

事業再生計画は、事業の詳細損益、会社の資産査定、会社の内外に潜んでいる深刻な経営課題、会社の強み等々、事業環境に影響を及ぼす種々の要因を正確に捉えたうえで、整合性があり、且つ実現性の高い計画を作成しなければならない。

 

事業再生計画を経営者ひとりの力で作成することは難しい。

 

なかでも、深刻な経営課題は、第三者の協力を得なければ正確に捉えることができない。

 

なぜなら、深刻な経営課題の根本原因は経営批判に繋がることが多いので、殆どは、社員の口から経営者へ伝わることがないからである。

 

従って、事業再生計画の作成は、第三者や専門家の協力を仰ぎながら作成するのが望ましい。

 

また、事業再生計画作りはスピードも求められる。当然ながら、事業再生計画の完成が遅れれば遅れるほど、事業再生の成功確率は低下する。

 

 

事業再生成功の秘訣「事業再生計画の実行」

 

事業再生計画が仕上がったら、後は実行するのみである。

 

事業再生は、過去との決別を意味する。つまり、従前の経営を全て否定するところから、新たな一歩を踏み出すことになるのだ。

 

経営者としては耐え難い状況ともいえるが、事業再生計画の実行に甘さが出ると、計画はいとも簡単に失敗に終わってしまう。

 

経営者自身がプライドを捨てて生まれ変われるか否かが、事業再生成功のカギである。

 

事業再生が成功すれば、経営者としての経営手腕はひと回りもふた回りも成長する。

 

そして、事業再生を通じてプロ経営者に生まれ変わると、よほどのことがない限り、ふたたび会社が傾くことはない。

 

➡NEXT「中小企業に適した経営指標と経営分析手法」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ