経営コンサルが教える経営者の成功条件(1)

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

変化に強い経営者は成功する

変化に強い経営者は成功する

 

ひとの人生を取り巻く内外の環境に数多くの変化が訪れるように、会社を取り巻く経営環境にも日々刻々と様々な変化が訪れている。

 

経営環境の変化は様々だが、世間、経済、テクノロジー、人材、取引先、商品、業績、規模など等、その範囲は挙げたらキリがないほどである。

 

このような経営環境の変化を、小さな段階で経営者が捉えて、その都度、変化に適応した経営采配を下している限りは、会社が衰退することはない。

 

事実、会社経営に成功している経営者は変化に対する適応力が非常に高い。

 

例えば、成功する経営者ほど小さな変化(小さな悪化)を察知する能力が高く、大事に至る前に変化に適応できている。

 

一方、経営に失敗する経営者は変化に疎く、誰にでも分かるレベルの大きな変化(大きな悪化)が訪れてから、ようやく変化に気がつき、慌てて対処しようとする。

 

日々の会社経営においても、経営能力の不足、顧客や社員のストレス、作業効率のムダ、業績悪化の兆し、製造ライン故障の予兆、など等、経営者が変化を察知しなければならない領域はキリがないほどある。

 

当然ながら、社員が辞める、或いは、赤字経営に転落する、など等の大きな変化が訪れてから変化に対応しようとしても、時すでに遅しである。

 

中小企業にとって有能な社員を補充するのは大変だし、赤字経営を黒字化するのも大変な労力と時間を要する。

 

小さな変化を見逃すことなく察知し、変化に適応することが会社経営を成功に導く秘訣なのだ。

 

経営環境が変化し続けているにも関わらず、一つの凝り固まった固定概念や判断基準にしがみついた経営采配が原因で、会社が衰退するケースは少なくない。

 

状況が変化したら考えを改めることは、ごく自然なことだ。

 

逆に、状況が変化しているにも関わらず、考えが変わらない方が不自然である。

 

変化を捉えて適応する経営者の姿勢は、経営の成功に欠かせない要因なのだ。

 

 

成功する経営者は変化を恐れない

 

会社経営を取り巻く経営環境の小さな変化を察知し、その都度、変化に適応するには、「変化を恐れない」、「変化を受け入れる」、「変化を楽しむ」、といった経営者の姿勢が不可欠だ。

 

なぜなら、変化を恐れて、従来の経営者の考え方や経営スタイルを変えなければ、未来は何も変わらないからだ。

 

成功するためなら変化をいとわない、成功するためなら変化を恐れない、といった経営者の姿勢は、会社経営で成功するために不可欠といっても過言ではないのだ。

 

変化のない平々凡々なストレスフリーな日々は、最も過ごしやすい環境かも知れないが、会社経営を成功させたいのであれば、そのような環境に安住することは避けねばならない。

 

会社を成長させるためや経営能力を高めるために、積極的な成長投資をしっかり行っている経営者は進んで変化を受け入れている。

 

変化することは当たり前のことであって、恥ずべきことは何一つない。

 

変化は成長の源泉なのだ。

 

例えば、写真フィルム最大手の富士フィルムは、時代の変化(アナログからデジタル)を事前に捉え、従来の技術を応用した医療機器や医薬品事業を新たに展開して、見事に時代の変化を乗り切った。

 

一方、世界最大手の写真フィルム会社であった米コダック社は、変化に対応できずに経営が破たんした。

 

会社経営の成長と衰退を分かつのは、変化に対する適応力なのだ。

 

➡NEXT「向上欲の強い経営者は成功する」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る