数字力の高い経営者は成功する|社長の成功条件(5)

優れた数字力を持つ経営者は成功する

 

会社経営の成功に欠かせない経営能力は多岐にわたる。

 

経営者としての経験と体験、思考力と判断力、実行力や行動力、創造力や客観力、計画力と検証力、胆力と寛容力、分析力と数字力など等、挙げたらキリがない。

 

先天的な才能に左右される能力もあれば、後天的に身につけることができる能力もあるが、とりわけ、数字力は、会社の業績を左右する大きな要素を持っている。

 

なぜなら、すべての事業活動の結果は、会社の数字に表れるからだ。

 

良い経営なのか、悪い経営なのかは数字を見れば一目瞭然で、数字を見ずして、経営の良し悪しなど判断できるものではない。

 

また、経営者の経営姿勢を正すうえで、経営成績が如実に表れている会社の数字、つまり、客観性と論理性の高い数字の根拠ほど、役立つものはない。

 

数字を無視した経営は、必ず、どこかで失敗するし、前例のない難題や経営課題を乗り越える力に劣る。

 

数字力なくして、会社経営の成功はあり得ないといっても過言ではないのだ。

 

 

数字力は誰でも高めることができる

 

数字力は誰でも高めることができる能力であり、先天的な才能など、殆ど関係ない。

 

経営の専門家のレクチャーを3ヵ月ほど受ければ、一定の数字力が身につく。

 

但し、先生選びは重要だ。

 

なぜなら、通りいっぺんの公式や分析手法、或いは会計技術が分かったとしても、実際の会社経営(例えば利益拡大)に役立つ数字力を身につけなければ、意味がないからだ。

 

中小企業の経営環境は十人十色で、共通の成功ノウハウなど殆ど存在しない。

 

会社の数字を活用するノウハウも会社の数ほど存在し、通りいっぺんの公式や分析手法で経営改善できるほど、会社経営は単純なものではない。

 

従って、会計学校やビジネススクールはNGだ。税理士の先生もおすすめしない。

 

実務に役立つ数字力を短期間で習得したいのであれば、私のところに来るか、ご縁のある中小企業専門の経営コンサルタント(或いは中小企業診断士)にアドバイスを求めるのが効果的だ。

 

なぜかというと、自分の会社を良くする過程(経営改善)で理解を深めた数字力ほど、真に迫ったものはないからだ。

 

業績を伸ばしている経営者は優れた数字力を持っている。

 

数字が苦手な経営者であっても数字の重要性を理解している方は、数字に強い参謀役を抱えて業績を伸ばしている。

 

次世代に会社を残したい経営者は、どんぶり勘定に逃げることなく、会社の数字と真剣に向き合う覚悟が必要だ。

 

伊藤のワンポイント

数字力は企業の盛衰を左右します。ですから、数字力を高めると衰退リスクが小さくなります。数字力の向上に役立つのは管理会計の運用です。自分の会社の数字を使った分析スキルが上達しますので、短期間で数字力が向上します。管理会計は業績改善を加速する成功企業の必須ツールなので、一石二鳥です。

 

➡NEXT「飛躍的に会社の業績を上げる方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る