成功する経営者の共通点(2)

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

向上欲の強い経営者は成功する

向上欲の強い経営者は成功する

 

食欲、睡眠欲、性欲、、、人間の欲には様々なものがある。

 

経営者の行き過ぎた我欲は時に会社を滅ぼす危険性があるが、唯一、有益な欲がある。

 

それは、自利と利他の精神を持った「向上欲」である。

 

自利とは自らの悟りのために精進すること、利他とは他人の救済に尽力することだが、自利と利他の精神を持った向上欲は、経営者の経営能力をグッと高め、優れた人格形成と共に会社経営を成功に導く。

 

中小企業の業績は経営者の能力に比例するので、経営者の向上欲ほど重要な欲はない。

 

例えば、中小企業は、様々な経営判断が経営者に集中するが、すべての経営判断を高い精度で采配できる経営者など滅多にいない。

 

いかに優れた経営能力を持っている経営者であっても、必ず、小さな判断ミスを犯す。

 

但し、向上欲の強い経営者は、小さな判断ミスを犯すたびにしっかり反省し、小さな失敗を繰り返さない努力を継続している。

 

例えば、経営能力の不足を自覚すれば不足を補い、従前の考え方に誤りがあれば考えを改め、社員の意見が正しければその意見を受け入れ、といった自利と利他の精神をベースとした向上欲で、どんどん経営能力を磨いている。

 

また、このような経営者の向上欲は、経営者の謙虚で素直な姿勢を育み、社員に慕われる人格形成にも役立つ。

 

当然ながら、経営者の人格が高まれば、経営者と社員の関係性がより良好に改善されて組織力が一段と向上し、結果として業績が向上する、といった好循環も回り始める。

 

経営者の向上欲は、百利あって一害なしといっても過言ではないのだ。

 

 

成功する経営者は満足しない

 

向上心の強い経営者は現状に満足することがない。

 

常に高い目標を掲げ、目標達成のための努力を惜しまない。

 

そして、目標を達成したからといって努力の手を緩めることはなく、すぐに新しい目標を設定して成功に向かっていく。

 

例えば、成功する経営者は、「私も条件さえ整えば、成功すると思います」といった言動は絶対にしない。

 

強い向上心を持って成功に立ち向かう経営者は「私は成功するために、何が何でも条件を整えます」という言動で成功に立ち向かう。

 

経営者がこのような強い向上心を持ってなければ、中小企業の経営を成功に導くことはできない。

 

また、向上心の強い経営者は、成功の条件を整えるためであれば、躊躇なくお金を投資し、投資以上の利益を稼ぎ出す。

 

逆に、向上心のない経営者は、お金の投資を渋ったり、誤ったりして、会社の利益をどんどん減らしていく。

 

お金を使って成功する経営者と、お金を使わず失敗する経営者の差は、向上心ひとつで決まるといっても過言ではない。

 

➡NEXT「思考力の強い経営者は成功する」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る