中小企業事業再生ノウハウ6

中小企業の事業再生事例6(年商2.6億円)

 

 

中小企業の事業再生事例 ケース6です。

 

 

中小企業の業績は経営者の能力に連動しています。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取って頂ければ幸いです。

 

本事業再生事例は、「年商2.6億円、営業利益▲2千万円、借金1億円」の中小企業のケースです。

 

事業再生の具体的手法

 

事業再生調査時の損益状況

売上高

260,000

 下降傾向

 売上原価

200,000

 売上原価率76.9%

売上総利益

60,000

 売上総利益率23.1%

 販売管理費

80,000

 売上高経費率30.8%

営業利益

▲20,000

 売上高営業利益率▲7%

借入金残高

100,000

 借入限度超過

(金額単位:千円)

 

事業再生調査内容

経営診断

【経営資料から分析】

 

資産状況の適正診断、損益状況の適正診断、経営上の問題点、資産状況の問題点、損益状況の問題点、会計上の問題点、税金対策について、業績改善のための具体的改善策の提示、改善スケジュール案と改善効果提示、等々

内部調査

【現地調査と社員面談実施】

 

会社経営に関わるあらゆる面の調査・判定・リスク評価等々(経営、販売、営業、組織、開発、設備、人事、物流、生産、社員、等々)

事業再生計画作成

【経営診断と内部調査結果を元に再生計画作成】

 

事業再生3ヵ年計画書、キャッシュフロー表(資金繰り表)、予算管理表、等々

 

 

事業再生調査で判明した主な問題点

 

経営面

経営者が会社にいない。経営者が何をやっているのか分らない。会社を社員に任せっぱなしにしている。原価管理がいい加減。損益管理や予算管理がない。経営方針や理念がない。赤字部門、赤字取引を容認している。利益意識がない。重要な経営判断を先送りしている。等々

 

組織面

問題社員を放置している。社員の声が無視されている。指示系統や命令系統が崩壊している。経営情報が末端社員まで伝わらない。等々

 

販売・営業・サービス面

販売目標や業績目標がない。利益が出ていない販売先がある。赤字取引と分かっていても先方の要望に応じて赤字取引を継続している。販売先との交渉ができていない。新商品や新サービスの開発方針が不明。新規事業や新商品の損益検証がされていない。等々

 

※上記の主な問題点は全て内部調査時の社員面談結果による

 

 

事業再生計画提示(1年目)

売上高

150,000

 売上原価

120,000

 売上原価率80%

売上総利益

30,000

 売上総利益率20%

 販売管理費

30,000

 売上高経費率20%

営業利益

0

 売上高営業利益率0%

(金額単位:千円)

 

 

主な事業再生計画の前提条件

不採算部門からの撤退、本社移転、組織改編、経営者教育、管理会計の導入、経営情報の開示、キャッシュフロー表の作成、資金繰り表の作成、予算管理の導入、3ヵ年の事業計画作成、不採算商品・サービスの収益改善、経営改善の推進、等々

 

 

事業再生のポイント

 

本案件の会社経営者は二代目で、40歳代の社長でした。

 

再建調査時点の損益状況からは分かり難いですが、既に破たん状態の会社でした。

 

過去5年間の赤字経営で債務超過に陥っており、再建調査時点から3か月後には資金ショートが予測されている予断を許さない状況で、手元に残っていた現金残高は僅か500万円弱です。

 

しかも会社の内情は、再建調査時に判明した問題点の通り、「経営者が会社にいない」、「経営方針等が不明」、「問題社員が放置されている」など等、経営者が経営を放棄しているような状況でした。

 

このように、会社が経営放棄のパターンに陥っている原因は、さほど難しくありません。大抵は、男の道楽である「飲む・打つ・買う」、いわゆる、「酒、博打、女」のどれかであることが多いです。本件の場合は愛人でした。

 

経営者が愛人を作った場合の倒産リスクは非常に高いですので注意が必要です。日頃から是非とも用心して頂きたいと思います。

 

この会社は、経営者はもちろん、経営者の家族や身内、そして社員に至るまで、誰ひとりとして”会社が深刻な経営状態に陥っていること”を認識していませんでした。

 

経営者の実姉が、「うちの会社は本当にこんなに悪い経営状態なんですか?」と、泣きながら嘆いていた光景は、今でも胸に焼き付いています。

 

結局、本案件は、事業再生計画を元に依頼者が自主再生の道を選択しました。

 

 

中小企業の事業再生事例7(年商1.7億円)へ続く >>

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

中小企業の事業再生事例1(年商25億円)
年商25億の中小企業の事業再生事例ケース1です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例2(年商40億円)
年商40億の中小企業の事業再生事例ケース2です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例3(年商26億円)
年商26億の中小企業の事業再生事例ケース3です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例4(年商35億円)
年商35億の中小企業の事業再生事例ケース4です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例5(年商11億円)
年商11億の中小企業の事業再生事例ケース5です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例7(年商1.7億円)
年商1.7億の中小企業の事業再生事例ケース7です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例8(年商200億円)
年商200億の中小企業の事業再生事例ケース8です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例9(年商4.5億円)
年商4.5億の中小企業の事業再生事例ケース9です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生/倒産に備える費用と準備
事業再生の着手が遅れてやむ得ず会社を倒産処理する場合があります。会社の倒産処理の費用は云いかえれば会社の葬式代です。倒産する前に必要な葬式代と他人への迷惑を最小限に食い止める心がけと共に一般的な破産手続きの流れを紹介しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ