中小企業の事業再生ノウハウ9

中小企業の事業再生事例9(年商4.5億円)

 

 

中小企業の事業再生事例 ケース9です。

 

 

中小企業の業績は経営者の能力に連動しています。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取って頂ければ幸いです。

 

本事業再生事例は、「年商4.5億円、営業利益0円、借金5千万円」の中小企業のケースです。

 

 

事業再生の具体的手法

 

事業再生調査時の損益状況

売上高

450,000

 横ばい

 売上原価

200,000

 売上原価率45%

売上総利益

250,000

 売上総利益率55%

 販売管理費

250,000

 売上高経費率55%

営業利益

0

 売上高営業利益率0%

借入金残高

50,000

(金額単位:千円)

 

事業再生調査内容

経営診断

【経営資料から分析】

 

資産状況の適正診断、損益状況の適正診断、経営上の問題点、資産状況の問題点、損益状況の問題点、会計上の問題点、税金対策について、業績改善のための具体的改善策の提示、改善スケジュール案と改善効果提示、等々

事業再生計画作成

【経営診断と内部調査結果を元に再生計画作成】

 

事業再生3ヵ年計画書、キャッシュフロー表(資金繰り表)、予算管理表、等々

 

 

再生過程における経営指導

 

徹底的に利益改善を推進

利益改善のコツは不採算部分を排除し、採算のいい高収益部分を積極的に伸ばすことです。

 

利益目標の設定

適正な利益水準が確保されなければ会社の成長を後押しする投資原資が賄えないため、適正な目標利益を設定し、目標達成に向かって経営改善を実行する。

 

経費水準の適正化

経費水準の適正化を実行する。また人件費と人件費以外の経費バランスの適正化も実行し、利益の安定確保を図る。また、役員と社員の報酬配分基準をルール化し、収益に連動した合理的且つ公正な報酬分配を実現する。

 

会計処理の適正化

月次試算表(決算書)の作成基準を明確にルール化し、損益算定の適正化を実施する。経営改善の根拠資料の信頼性を高め、経営改善の効率を高める。また、部門別の損益管理も導入し、個別損益の把握を可能にする。

 

不採算要素の排除

商品・サービスの個別損益の分析、並びにABC分析を行い不採算要素を排除する。日常業務内に個別損益管理を導入し、不採算要素の未然防止も図る。

 

管理会計の導入

管理会計を導入し、適正な経営指標に基づいた経営改善を実現する。また、予算表、資金繰り表、キャッシュフロー表を導入し、将来予測、経費コントロールを可能にする。どんぶり勘定からも脱却する。

 

※上記は再建過程における経営指導の一部内容

 

 

再生1年後の損益状況

売上高

500,000

 売上原価

200,000

 売上原価率40%

売上総利益

300,000

 売上総利益率60%

 販売管理費

270,000

 売上高経費率54%

営業利益

30,000

 売上高営業利益率6%

(金額単位:千円)

 

 

主な事業再生手法

経営者教育、組織改編、管理会計の導入、経営情報の開示、キャッシュフロー表の作成、資金繰り表の作成、予算管理の導入、3ヵ年の事業計画作成、不採算商品・サービスの収益改善、経営改善の推進、等々

 

 

事業再生のポイント

 

本案件は、深刻な経営状態には陥っていないもの、経営者の切実な悩みがもとで依頼があったものです。

 

切実な悩みとは、「売上が増えても、利益と現金が増えない」というものです。

 

経営者の口癖は「お金がない」、或いは、「お金が貯まらない」です。

 

この会社の経営状態は、多くの中小企業の実態を表していると思いました。

 

なぜなら、わたし自身の経営指導先の経営者が抱えていた最も多い悩みと合致しているからです。

 

売上は上がっているが利益と現金が増えない会社の経営状況を好転させるには、あるひとつのポイントに意識を向けさせることが重要です。

 

そのポイントとは、「利益を意識させる」ことです。

 

この活動は利益に貢献しているのか?

 

この売上は利益に貢献しているのか?

 

この経費は利益に貢献しているのか?

 

利益を意識して会社の活動や売上、或いは経費を点検してみると、利益に貢献していない活動や売上、或いは経費が沢山でてくるものです。

 

その一つひとつを丁寧に処理していくと、売上の増加と共に、利益と現金がみるみる貯まっていくようになります。

 

本案件のような事業再生手法を身につけたいという経営者は、管理会計を導入することをおススメします。

 

管理会計とは、会社の数字を有益な情報に変換する会計手法のことです。

 

管理会計は難しいものではありません。会社の成長性を示す売上成長率のモニタリングも立派な管理会計です。四則演算(加減乗除・+-×÷)の世界ですので、簿記や会計の知識ゼロであっても誰でも習得することができます。

 

管理会計は会社経営を志す全ての方にお薦めの経営技術です。

 

⇒⇒管理会計の基礎習得に役立つ「中小企業に適した経営指標と経営分析手法」はこちら

 

 

 

中小企業の事業再生事例1(年商25億円)へ戻る >>

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

中小企業の事業再生事例1(年商25億円)
年商25億の中小企業の事業再生事例ケース1です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例2(年商40億円)
年商40億の中小企業の事業再生事例ケース2です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例3(年商26億円)
年商26億の中小企業の事業再生事例ケース3です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例4(年商35億円)
年商35億の中小企業の事業再生事例ケース4です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例5(年商11億円)
年商11億の中小企業の事業再生事例ケース5です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例6(年商2.6億円)
年商2.6億の中小企業の事業再生事例ケース6です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例7(年商1.7億円)
年商1.7億の中小企業の事業再生事例ケース7です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例8(年商200億円)
年商200億の中小企業の事業再生事例ケース8です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生/倒産に備える費用と準備
事業再生の着手が遅れてやむ得ず会社を倒産処理する場合があります。会社の倒産処理の費用は云いかえれば会社の葬式代です。倒産する前に必要な葬式代と他人への迷惑を最小限に食い止める心がけと共に一般的な破産手続きの流れを紹介しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ