中小企業の事業再生ノウハウ8

中小企業の事業再生事例8(200億円)

 

 

中小企業の事業再生事例 ケース8です。

 

 

中小企業の業績は経営者の能力に連動しています。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取って頂ければ幸いです。

 

本事業再生事例は、「年商200億円、営業利益▲10億円、借金70億円」の中堅企業のケースです。

 

 

事業再生の具体的手法

 

事業再生調査時の損益状況

売上高

20,000,000

 下降傾向

 売上原価

13,000,000

 売上原価率65%

売上総利益

7,000,000

 売上総利益率35%

 販売管理費

8,000,000

 売上高経費率40%

営業利益

▲1,000,000

 売上高営業利益率▲5%

借入金残高

7,000,000

(金額単位:千円)

 

事業再生調査内容

経営診断

【経営資料から分析】

 

資産状況の適正診断、損益状況の適正診断、経営上の問題点、資産状況の問題点、損益状況の問題点、会計上の問題点、税金対策について、業績改善のための具体的改善策の提示、改善スケジュール案と改善効果提示、等々

内部調査

【現地調査実施】

 

事業所覆面調査・判定・リスク評価等々(立地、設備、顧客動向、等々)

事業再生計画作成

【経営診断と内部調査結果を元に再生計画作成】

 

事業再生3ヵ年計画書、キャッシュフロー表(資金繰り表)、予算管理表、等々

 

 

事業再生計画の作成過程

 

営業部門

営業部門12事業の内、5つの事業が経常的に赤字に陥っている。5つの内、3つの事業は条件付けで存続の見込みがあるが、2つの事業は再建の可能性がないため閉鎖を検討せざる得ない。不採算事業の閉鎖で約30億円の経費削減効果あり。等々

 

製造部門

製造部門19事業の内、2つの事業が経常的に赤字に陥っており、3つの事業が赤字転落のリスクがある。売上総利益の上位80%を構成する商品以外は製造廃止として製造品目を縮小する。不採算事業の閉鎖と売上総利益率の改善で15億円の経費削減効果あり。等々

 

子会社・保有資産

組織改編と子会社売却で整理する。子会社の組織改編等で約3億円の経費削減効果あり。加えて保有資産の売却で資金調達を図る。等々

 

リストラ費用の算定

営業部門、製造部門、子会社の事業閉鎖、取壊し、人員整理等のリストラ費用を27億円と見積もり計画に計上。等々

 

※上記は事業再生計画作成の一部過程を抜粋したもの

 

 

事業再生計画提示(1年目)

売上高

10,000,000

 売上原価

6,500,000

 売上原価率65%

売上総利益

3,500,000

 売上総利益率35%

 販売管理費

3,000,000

 売上高経費率30%

営業利益

500,000

 売上高営業利益率5%

(金額単位:千円)

 

 

主な事業再生計画の前提条件

再生チームの発足(必要な資質:判断力・決断力・統率力・企画力・実行力)、再生費用の調達、組織改編、不採算部門の閉鎖、経営者教育、後継者育成・教育、管理会計の導入、経営情報の開示、キャッシュフロー表、資金繰り表の作成、予算管理の導入、3ヵ年の事業計画作成、不採算商品・サービスの収益改善、経営改善の推進、等々

 

 

事業再生のポイント

 

本案件は、わたしの事業再生案件のなかで最大規模(年商200億円)のものです。

 

この会社は、本体のほかに子会社が3つあり、本体を構成するメイン事業部が12部門、それぞれのメイン事業部の中にさらにサブ事業部が5~7部門あり、経営診断の対象部門数は40を超えていました。

 

夫々の部門の経営診断を行い、会社全体の赤字原因を探ってみると至るところに赤字の原因があることが分かりました。

 

経営診断作業は分析と検証の繰り返しです。検証に誤りがないか?整合性はとれているか?を絶えず繰り返すことで、実効性のある事業再生計画の骨子がみえてくるのです。

 

経営診断作業と並行して行ったのは、それぞれのメイン事業部の覆面調査です。現場の状況と数字が合致しているかをつぶさに観察し、数字を確信に変えるのです。真夏の暑い時期に汗をかきながら現場を歩き回ったのを覚えています。

 

実効性があり、納得のいく事業再生計画書が仕上がったのは依頼から3か月後のことでした。

 

この会社の赤字経営の根本原因は小さな赤字原因を見逃し続けたところにありました。

 

ほんの小さな赤字原因であっても、それを見逃したまま放置してしまうと、たとえ売上が200億円あったとしても簡単に倒産の危機に瀕してしまいます。

 

この原則はどんな会社にも共通する法則です。

 

赤字の原因を見逃さないためには、定期的な経営診断が有効です。定期的に会社の健康状態をチェックしていれば、深刻な経営状態に陥る前に様々な対策を講ずることが出来ます。

 

結局、本案件は、事業再生計画を元に依頼者が自主再生の道を選択しました。

 

 

中小企業の事業再生事例9(年商4.5億円)へ続く >>

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

中小企業の事業再生事例1(年商25億円)
年商25億の中小企業の事業再生事例ケース1です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例2(年商40億円)
年商40億の中小企業の事業再生事例ケース2です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例3(年商26億円)
年商26億の中小企業の事業再生事例ケース3です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例4(年商35億円)
年商35億の中小企業の事業再生事例ケース4です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例5(年商11億円)
年商11億の中小企業の事業再生事例ケース5です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例6(年商2.6億円)
年商2.6億の中小企業の事業再生事例ケース6です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例7(年商1.7億円)
年商1.7億の中小企業の事業再生事例ケース7です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生事例9(年商4.5億円)
年商4.5億の中小企業の事業再生事例ケース9です。中小企業の業績は経営者の能力に連動しております。従って、経営者の経営能力が低下すると業績が悪化するリスクが高まります。再生事例から何かを学び取り、反面教師としてください。
中小企業の事業再生/倒産に備える費用と準備
事業再生の着手が遅れてやむ得ず会社を倒産処理する場合があります。会社の倒産処理の費用は云いかえれば会社の葬式代です。倒産する前に必要な葬式代と他人への迷惑を最小限に食い止める心がけと共に一般的な破産手続きの流れを紹介しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ