中小企業のインターネット活用術

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社経営に役立つIT技術の活用法

会社経営に役立つIT技術の活用法

 

IT技術(information technologyの略)とは、情報技術、並びにコンピュータ技術等の総称のことである。

 

IT技術のなかで最も中小企業に影響を及ぼした技術はインターネットである。

 

インターネットが影響を及ぼした分野はさまざまあるが、情報分野に対する影響は計り知れない。

 

じつは、情報と購買には密接な関係がある。

 

実際、情報を制するものは、経済を制するともいわれている。

 

例えば、消費者の購買基準は、外部から入ってくる情報をもとに形成されていく。

 

そして、外部から入ってくる情報の元を辿ると、全てはマスコミ(テレビ、ラジオ、雑誌、新聞、等の情報媒体)に繋がる。

 

マスコミを支えているのは大企業の資金であり、さらに大企業を支えているのはメガバンクといわれる大手金融機関の資金である。

 

世の中は民主主義の平等社会で成り立っているように見られるが、実は、消費者に届けられる多くの情報は大企業に有利な情報に溢れている。

 

☑偽物が本物として世間に受け容れられる

 

☑消費者に不誠実な論理で経済活動が成り立つ

 

☑健康効果が不明瞭な特定保健用食品(トクホ)の市場席巻

 

など等は、大企業による情報支配の効果といえるだろう。

 

中小企業は、こうした不利な状況下での会社経営を余儀なくされていたが、インターネットの登場と共に、情報の支配構造が大きく変わることになった。

 

インターネットが、大企業の情報支配構造を一蹴したのである。

 

 

インターネットは中小企業の経営に役立つIT技術

 

中小企業の経営に最も活用したいIT技術はインターネットである。

 

なぜなら、インターネットが普及したおかげで、情報支配の構造が大きく変わったからだ。

 

例えば、ホームページを開設すれば、全世界の人々に対して、会社の商品やサービスに関する正しい情報を公開することが可能になる。

 

どんなに小さな中小企業であっても、自分たちの言葉で、事実を正しく伝えることができ、第三者に情報を歪められることはない。

 

インターネットは、正しい情報をストレートに発信することのできる優れた情報発信媒体なのだ。

 

満足な広告活動が展開できない中小企業にとって、これほど力強い情報発信媒体はない。

 

インターネットが中小企業に対して与える情報メリットはこればかりではない。

 

中小企業(主に生産者)が直接情報発信できるようになったおかげで、商品の販売ルートも大きく変わった。

 

インターネット到来前のビジネスは、消費者に近い川下産業が販売を牛耳っていた。

 

例えば、商品流通は、川上に位置する生産者から始まり、商社→卸売→小売→消費者というよう流れるため、消費者に近い川下産業が販売ルートを牛耳っていた。

 

当然ながら、販売力の強い川下産業が価格決定権を握り、生産者は適正利益が出ない価格で川下産業へ販売せざる得ないことも珍しくなかった。

 

一方、消費者の側も、多くの流通業者(川下産業)の仲介手数料が加算された割高な値段で商品を購入せざる得なかった。

 

しかし、今は違う。

 

例えば、生産者がネットショップを開設すれば、一瞬にして販売先は末端消費者、販売相手は全世界ということも可能になる。

 

生産者が末端消費者に直接販売することが可能になると、適正な利益水準での販売が可能になる。

 

一方、末端消費者の側も、良いモノを良い価格で購入することが可能になる。

 

インターネットは、独占市場を築く成功率とスピードを格段に上げてくれる優れた手段である。

 

満足な営業活動が展開できず、単独で独占市場を築くのが難しい中小企業にとって、これほど力強いツールはない。

 

 

IT技術で生産性を上げる

 

中小企業のIT技術を経営に活用するケースは他にもたくさんある。

 

例えば、IT技術を活用した生産性改善は、もっとも費用対効果が大きい分野である。

 

情報発信力、情報共有力、暗黙知の可視化など等、生産性改善に繋がるIT技術の活用は挙げたらキリがないほどある。

 

また、テレビ会議やメールといったIT技術の活用による、出張や会議の生産性改善効果も大きい。

 

会社の生産性が高まれば、収益性も高まる。

 

つまり、IT技術の活用次第で、儲かる会社経営の基盤が整ってくるのだ。

 

インターネットをはじめとするIT技術は運用費用が格段に安いというメリットがある。

 

資本力の乏しい中小企業にとって、IT技術を活用しない手はない。

 

➡NEXT「中小企業の人材育成で大切なこと」へ

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る