社長がすべき5つの仕事

中小企業の社長の仕事とは?

中小企業の社長の仕事

 

企業経営において、社長の仕事ほど重要なものはありません。

 

なぜなら、社長が本来すべき仕事を遂行している限り、そう簡単に、会社が衰退することはないからです。

 

しかも、大概の中小企業は社長の能力如何で業績が決まりますので、社長の仕事の質は大変に重要な要素を持っています。

 

わたしは職業上、業績の良い会社の社長さんと業績の悪い会社の社長さんの両方のタイプの「社長の仕事」を数多く見てきましたが、会社の業績の優劣を決めるのは、間違いなく「社長の仕事の質」です。

 

社長の仕事をしていない会社は、例外なく衰退しています。

 

会社によっては、社長ひとりで会社を潰したようなケースもありました。

 

会社を一から立ち上げて安定軌道に乗せるのは実に大変なものですが、せっかく会社が安定軌道に乗ったとしても、社長がすべき仕事をしていないために会社が衰退してしまった事例も沢山ありました。

 

中小企業の社長の仕事は多岐にわたりますが、社長業の基本は、業種業態関係なく概ね同じです。

 

中小企業を成長発展に導く会社経営を牽引するうえで、社長がすべき最低限の仕事を紹介します。

 

 

 

 

 

社長がすべき最低限の仕事

 

社長の仕事で最も重要な領域は「経営」です。

 

経営とは、営みを経ける(いとなみをつづける)ということです。

 

つまり、持続的成長可能な事業基盤を作る仕事こそ、経営者たる「社長の仕事」なのです。

 

持続的成長を実現する会社経営を牽引するうえで、社長がすべき最低限の仕事を紹介します。

 

 

社長の仕事①「数字を理解する」

 

会社の業績が良好なのか、そうでないのかを判断するためには会社の数字を理解しなければなりません。

 

なぜなら、会社の数字には、事業活動の結果が、すべて表れているからです。

 

会社の数字は良好な事業運営を展開するうえで欠かせない重要な情報を教えてくれます。

 

例えば、業績が良好であれば事業運営がうまくいているということが分かりますし、業績が悪ければ事業運営の戦術なり戦略を修正する必要があるということが分かります。

 

会社の数字は、現時点の業績認識はもちろんのこと、決算時点、今後1年の見通しなど、未来の業績把握も欠かせません。

 

正しく先手を打つには、先手を知らなければならないからです。

 

数字を理解することは社長の仕事の第一歩なのです。

 

 

社長の仕事②「数字の精度を上げる」

 

会社の数字は財務諸表(貸借対照表・損益計算書)と呼ばれる会計資料に集約されます。

 

あらゆる事業活動(取引)は、どんなに小さな活動(取引)であっても、会計処理を通して会計資料に記録されていきます。

 

例えば、1円の売上や1円の経費といった小さな活動(取引)であっても会計処理の対象になります。

 

そして、会計資料は、一定の会計期間に区切られて作成されます。

 

1年間という会計期間で作成される決算書(確定申告書)や1カ月という会計期間で作成される月次決算書(月次試算表)など、会計期間によって会計資料の内容は変わりますが、会計期間内の事業活動と会計資料の整合性が高ければ高いほど、優れた会計資料といえます。

 

例えば、1か月分の売上に対して、経費が半月分しか集計されていない杜撰な会計処理を経て作られた会計資料の出来はどうなりますか?

 

1か月分の事業活動の実態も、儲けの実態も、全く分からない会計資料になることは容易に想像できるでしょう。

 

事業活動や儲けの実態が正確に反映されていない会計資料は、ゴミ同然です。

 

正しい数字を認識できないばかりか、経営判断を誤る元凶にもなりかねません。

 

数字の精度を上げることは、社長の重要な仕事なのです。

 

 

社長の仕事③「会社の目標を設定する」

 

会社の成長は「目標に対して動く」ことから始まります。

 

当然ながら、目標がなければ行き当たりバッタリの会社経営に陥ってしまい、成長しないならまだしも、誤った経営判断で会社が衰退するリスクが高まってしまいます。

 

また、仮に目標があったとしても、そもそも目標設定が誤っていれば、いとも簡単に会社は衰退してしまいます。

 

会社の成長を実現するためには、正しい目標設定をすることが何よりも大切なのです。

 

正しい目標設定をするにも、何を基準にすれば良いのか、或いは、何を頼りにしたらよいのか分からないといった社長さんもいるかも知れませんので、効果的な目標をひとつ紹介します。

 

それは、会社の「利益」です。

 

利益は、持続的成長可能な事業基盤を整えるうえで不可欠なものです。

 

利益がなければ成長投資が十分に出来ませんし、働く関係者の生活水準も上がることはありません。

 

売れば売るほど儲かる、働けば働くほど豊かになる、時間が経てば経つほど企業規模が大きくなるといった法則を手にするには一定の利益がなければならないのです。

 

目標利益の算定方法は下記計算式の通りです。

 

売上総利益高営業利益率=(営業利益高÷売上総利益高)×100

 

目標利益水準=売上総利益高営業利益率20%

 

売上総利益高営業利益率は、どんな業種業態でも、共通で使える目標指標です。

 

但し、年商規模が小さい場合は、売上総利益高営業利益率20%に加えて、一定の利益金額を目標指標に加える必要があります。

 

会社の目標設定は決して他人任せにはできない大切な社長の仕事です。

 

 

社長の仕事④「目標達成の計画を作り、実行する」

 

目標が定まったら、後は、計画作成と実行です。

 

確かな計画と実行なくして、会社の成長発展はあり得ません。

 

実効性のある計画を作るうえで欠かせないのは、現状と目標とのギャップを解消することです。

 

ギャップを解消するには、ボトルネックとなっている経営課題を徹底的に発掘する必要があります。

 

例えば、現状が目標利益(売上総利益高営業利益率20%)に達していないのであれば、利益体質を改善するために解消すべき経営課題が何なのかを徹底して洗い出す必要があります。

 

なお、参考までに、利益体質を改善するために解消すべき経営課題の一例を紹介します。

 

低価格、価格設定のミス、赤字取引、過剰サービス、過剰値引き、付加価値の低下、売上減少、高コスト体質、生産性の低下、仕入力・調達力の低下、ムダムラの放置、など等

 

経営課題の洗い出しの次は、経営課題を解消する具体的経営改善手法と経営課題を解消した後の効果測定、マイナスリスクの検証、優先順位の検討など等を綿密に行い、具体的実行案を計画に落とし込んでいきます。

 

計画が完成したら、後は淡々と実行に移し、効果検証と計画修正を繰り返し、利益体質を改善していきます。

 

目標の利益水準を達成した後も経営改善を継続すると、売れば売るほど儲かる、働けば働くほど豊かになる、時間が経てば経つほど企業規模が大きくなるといった法則が正常に機能するようになります。

 

計画作りと実行は、終わりなき社長の仕事といっても過言ではありません。

 

 

社長の仕事⑤「持続的成長可能な事業基盤を整える」

 

会社の将来を考えることは最も大事な社長の仕事です。

 

なぜなら、社長以下の社員は目の前の仕事に精一杯で、遠い未来の会社の姿を冷静に見つめる機会に殆ど恵まれないからです。

 

社長は、1年先、3年先と未来を見つめて、今の事業の持続的成長の限界点、はたまた、持続的成長基盤を整えるために何をすべきかを真剣に考えなければなりません。

 

また、経済環境や世間、テクノロジーの変化がもたらす事業価値の変化も先取りすることも忘れてはなりません。

 

(万が一、事業価値が陳腐化すると会社はあっさり衰退してしまいます)

 

社長の年齢によっては、社長をバトンタッチした後の持続的成長のことも視野に入れる必要もあります。

 

(ちなみに事業承継の後に衰退する中小企業は沢山ありますので事業承継を甘く見てはいけません)

 

未来を見通し、今を考える。

 

今、行動して、未来を変える。

 

持続的成長可能な事業基盤を整えるには、社長が未来を見通した仕事をしなければならないのです。

 

 

この他にもある社長がすべき仕事

本記事では会社経営に焦点を当てた社長の仕事を解説しましたが、この他にも中小企業の社長がすべき仕事は沢山あります。例えば、経営能力の研鑽、社員教育、会社方針の決定、投資戦略の決定、後継者育成など等、社長がすべき仕事を挙げたらキリがないほどあります。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

初めての方へ
当サイトは中小企業の成長発展に役立つ経営ノウハウを公開している日本最大級の経営情報サイトです。失敗しない会社経営を実現するには確かな経営技術が必要です。中小企業専門経営コンサルタントの伊藤が長年の経験で培った経営ノウハウを厳選して掲載しております。
経営に失敗する社長の特長10選
経営に失敗する社長の特徴を厳選して紹介しています。ひとつでも当てはまると会社経営に失敗する可能性が高いと言わざる得ません。是非ともセルフ診断してみてください。
経営とは何か?
経営とは何か考えたことはありますか?会社を経営するということは「会社経営を永遠に継続させる」ということです。会社経営を継続させるために必要なことは、たった一つです。それは「黒字経営」を続ける事です。
経営者とは何か?
経営者とは何か?考えたことがありますか?経営者とは、会社を経営する人、会社の代表者、つまり社長のことです。中小企業の場合、社長の能力がそのまま会社の業績に反映されるケースが殆どです。つまり、黒字経営も赤字経営も社長次第ということです。
経営ノウハウとは?
経営ノウハウとは会社の成長発展を支える経営技術であり、知的財産でもあります。経営ノウハウの蓄積量が多いほど、その会社の屋台骨は強化されていきます。会社の事業環境に適した経営ノウハウを独自に形成する方法を紹介しております。
会社の経営理念とは?
経営理念は、会社の強みであり、会社の成長を牽引する重要な要素でもあります。経営理念は社員や関係者と共有することで初めて効果を生み出します。そして、経営理念の「ある会社」と「ない会社」では、会社生存寿命に圧倒的な差が出ます。
経営判断に自信を持つ原則とは?
経営者のマインドとして必要なことは「経営判断に自信を持つこと」です。自信のない経営判断ほど怖いものはありません。では、経営判断に自信をつけるためには、どのような鍛え方がベストでしょうか?
中小企業の後継者が経営者になるには
会社経営の経験のない後継者にとって経営者のポストは未知の世界です。会社経験のない後継者にとって経営者のポストを目の前にして不安を抱く方も少なくありません。では、中小企業の後継者が経営者になるにはどのような準備と能力が必要なのでしょうか?
中小企業の黒字経営ノウハウ
会社は黒字経営を継続しない限り存続することはなく何れ倒産してしまいます。経営判断を誤る要因は様々ですが、黒字経営に浮上するきっかけがつかめないまま万年赤字経営という会社も少なくありません。普遍的に通用する黒字経営ノウハウを紹介しております。
利益を上げる方法|3つの法則
お金がある限り会社は潰れませんのでお金を生み出す利益はとても大切なものです。すぐに実践できる利益を上げる具体的方法を紹介しています。
会社の数字に強くなる方法
会社の経営者にとって数字に弱いというのは致命的な欠点となります。倒産の危機に陥る会社の経営者は総じて数字に弱いです。一方、会社を成長発展させている経営者は総じて数字に強いです。では一体、両社の差はどこにあるのでしょうか?
成功する経営者の条件|男と女、経営者に向いているのはどっち?
成功する経営者の条件とは?男と女、経営者に向いているのはどちらか?結論から言うと、どちらにも向いているといえます。但し、男と女は持っている資質に大きな違いがあります。大切なのは、会社経営を成功に導くために必要な資質を補う姿勢です。では、成功の条件とは?
会社の内と外、社長の仕事はどっちが重要か?
社長が内にこもってばかりでは会社は成長しません。また、社長が外に出ずっぱりでも会社は成長しません。中小企業の社長がすべき内と外の仕事を分かり易く解説しています。
中小企業の経営課題と解決のヒント
資本力が小さい中小企業は様々な経営課題を抱えております。頭を悩ませている経営者も多いと思いますが課題解決の糸口がつかめれば悩みが解消されることもあります。中小企業にありがちな代表的な経営課題と解決のヒントを紹介しています。
中小企業の経営改革を成功させる秘訣
いつの時代も中小企業の経営は厳しい環境下におかれております。厳しい環境を生き抜き100年、1,000年と続く会社を作るには継続的な経営改革が欠かせません。中小企業の経営改革を成功させるには改革のステップを理解することが大切です。
赤字経営を黒字化する方法
赤字経営は不幸の始まりです。なぜなら、赤字経営の行きつく先は会社の倒産だからです。従って、経営者は赤字経営を決して容認してはいけません。赤字経営を黒字化する方法は簡単です。徹底してムダとロスを排除することです。
経営のコツと景気とうまく付き合うコツ
経営理論だけで正しい判断を下せるほど会社経営は甘くありません。成功するには経営に失敗しないための「経営のコツ」を習得しなければなりません。身につけたい経営のコツを紹介しています。
成功する経営者の先行投資の考え方
成功したいと強く願っている経営者ほど先行投資に抵抗がありません。成功する為ならばお金も時間もどんどん使います。成功する経営者の先行投資の考え方を紹介しています。
中小企業が経営相談で業績を上げる方法
中小企業の業績は経営者の成長で決まります。経営者が自身の能力不足を自覚して経営相談を求めることはとても良いことです。経営相談をする前に理解すべき重要ポイントを紹介しています。
経営者が持つべき判断基準とは?
「経営判断の誤り」は、会社経営が行き詰る代表的な原因のひとつです。失敗しない会社経営を実現するには確固たる判断基準を経営者自身が持つ必要があります。果たして、その判断基準とは?
図解で簡単に分かる財務諸表の見方
経営者にとって財務諸表、なかでも貸借対照表と損益計算書の理解は必須といっても過言ではありません。図解で簡単に分かる財務諸表の見方を解説しています。
分かり易い減価償却の解説
中小企業経営者にとって減価償却ほどややこしく、分かりづらい会計制度はないのではないかと思います。減価償却の仕組みを分かり易く解説しています。
中小企業の資金繰りとは?
資金繰りとは会社の現預金の収入と支出の出納管理のことで、会社の安定経営を実現するうえで欠かせない重要な会計管理のひとつです。資金繰りの基本と重要性を紹介しています。
低価格路線や低価格戦略の末路
低価格路線や低価格戦略の末路は決して明るいものではありません。事実、中小企業の場合は低価格で経営に失敗するケースが少なくありません。価格で失敗しない経営の秘訣を紹介しています。
中小企業のIT戦略の基本
インターネットが経済に及ぼした影響は計り知れませんが、最も影響を与えた分野は「情報分野」ではないかと思います。情報を制するものは、経済を制するといわれております。中小企業がITを会社経営に活用する方法は無限にあります。
中小企業の人材育成で大切なこと
人材を人財に育て上げるには、経営者自身が正しい人事評価の尺度を持たなければなりません。なぜなら、様々なヒトに対して経営者自身が正しい人事評価の尺度を持ち合わせていないと組織を弱体化させかねない事態を招く恐れがあるからです。
組織力強化のためにすべき社長の仕事
組織力の強化は社長自身が積極的に参加しないと成功しません。社長が積極的に社員と関わることが理想の組織作りの第一歩なのです。組織力強化に欠かせない社長がすべき仕事を紹介しています。
成功者の共通点と成功する人の12の法則
成功している社長の実例から、成功者の共通点と成功する人の12の法則を紹介しています。成功を勝ち取りたければ成功者の言動を真似ることです。
運を呼び込む逆転の発想法
ビジネスを成功に導くために必要な要素に「お金」、「人脈」、「情報」、「才能」、「努力」などがありますが、これらに劣らぬ大事な要素があります。それは「運(うん)」です。運はビジネスを成功に導くために必要な重要な要素です。
経営者の成功を支える六方心
経営者が成功するには、高い経営能力と優れた人徳を身につける必要があります。そして、高い経営能力と優れた人徳を身につけるためには六方心を持たなければなりません。六方心とは「前後左右」に加えて「上下」に対しても心して対峙する姿勢を表した言葉です。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ