経営判断の自信の根拠と原則

経営判断に自信を持つ原則とは?

経営判断の原則とは?

 

中小企業の経営者が経営判断の原則として抑えておきたいポイントは、「経営判断に自信を持つ」ということです。

 

なぜなら、資本力に乏しい中小企業の場合、小さな経営判断ミスが原因で会社が傾くことがあるからです。

 

中小企業の会社経営において、自信のない経営判断ほど怖いものはありません。

 

例えば、船舶の運転免許を持っていない船長の客船に乗る乗客はいるでしょうか?

 

パイロットの免許を持っていない機長の飛行機に乗る乗客はいるでしょうか?

 

会社の長は、経営者である”社長”です。

 

会社の社長免許はありませんが、会社の業績を形作る経営判断に根拠も自信もないと思っている社長の会社で働きたいと思う社員はいるでしょうか?

 

恐らく、いないですよね?

 

社員にとって会社は自分の人生を託す大切な場所です。

 

経営判断に根拠と自信を持っている社長のもとで働きたいと思うのが自然な欲求です。

 

それでは、「経営判断に自信をつける」ための原則とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

また、経営判断の自信を鍛えるために中小企業経営者がすべきことは一体何なのでしょうか?

 

 

経営判断の原則「メンタル強化は自信に繋がらない!?」

 

昨今はメンタル強化が流行っており、メンタルトレーナーのレクチャーを受けたり、メンタル本を読んで学んだりという中小企業経営者も多いようです。

 

しかし、メンタルを鍛えただけで、果たして経営判断に自信が持てるでしょうか?

 

出来ないことを出来ると思い込むことを妄信といいますが、妄信の経営判断ほど怖いものはありません。

 

妄信には根拠がありませんからね。

 

やはり、疑問が残ります、、、。

 

経営判断に自信を持つには、基本中の基本である、会社の数字を理解することが大切です。

 

なぜなら、会社の数字には、事業活動の全ての結果が表れているからです。

 

例えば、

 

・会社の数字が良い方向に改善していれば「良い経営判断」

 

・会社の数字が悪い方向に悪化していれば「悪い経営判断」

 

というように、経営判断の最終結果は全て会社の数字に表れます。

 

また、会社の数字を長期間にわたってモニタリングし続けると、自然と、原因(経営判断)と結果(業績)の因果関係が経営者の頭の中で整理されていきます。

 

原因と結果の因果関係の蓄積が増えれば増えるほど、正しい経営判断を支える根拠情報も蓄積されていきます。

 

そして、根拠情報が増えれば増えるほど、様々な経営の局面に対応できる経営判断能力が高まっていきます。

 

経営判断能力が高まれば、自ずと”経営判断に自信”がつきます。

 

経営判断の原則と自信の根拠は、すべて会社の数字の中にあるのです。

 

 

経営判断の原則を支える会社の数字を理解するには?

 

会社の数字を読み解き、会社の数字を深く理解する秘訣は簡単です。

 

毎月の業績確認(月次決算書)を習慣化すればいいのです。

 

財務諸表や月次決算書(※1)を読み解くのが苦手であっても、チェックポイントを絞って数字を読み解く訓練を継続すると、数カ月で会社の数字の理解が深まります。

 

会社の数字を深く理解するために、最低限、毎月チェックしたい項目は下表の通りです。

 

貸借対照表(※2)

「現金」、「純資産」

損益計算書(※3)

「売上」、「売上原価」、「売上総利益」、「販売管理費」、「営業利益」

 

それぞれのチェック方法は前月比較、前年比較、直近12か月合計比較等々、色々ありますが、とにかく、経営者の経営判断が会社の数字にどのように表れているかを診る習慣が大切です。

 

※1 月次決算書:月次試算表、合計残高表等々呼び名は様々ですが、ひと月の業績を集計した表です。貸借対照表と損益計算書のふたつの表で構成されております。

 

※2 貸借対照表:会社の資産と負債の状態を表した表です。

 

※3 損益計算書:会社の損益を表した表です。

 

 

経営判断の原則を理解すると経営者の自信はどう変化していくのか?

 

経営判断の原則を理解し、ポイントを絞った業績確認を習慣化すると、最初のうちは財務諸表がよく理解できなくても、

 

「うちの会社は売上に波があるなあ」

 

「今月は経費を削減した効果で利益が上がっているなあ」

 

「今月は新規取引先が増えたので売上が上がっているなあ」

 

等々、段々と会社の数字に対する理解力が、感覚的に身につくようになってきます。

 

そして、自身の経営判断と会社の数字を照らし合わせる習慣が身についてくると、自ずと経営判断に自信が伴ってきます。

 

言葉は曖昧ですが、数字は正直です。

 

経営判断 →「数字を診る」 →改善点考察 →業績集計 →最初へ戻る、このサイクルの中で、「数字を診る」部分の訓練を続ける事が大切なのです。

 

ちなみにこのサイクル、何かに似てますね。

 

そうです、Plan(経営判断) → Do(数字を診る) → Check(改善点考察) → Act(業績集計)の、PDCAサイクルです。

 

 

経営判断の原則を理解しない経営者の思考パターンとは?

 

ちなみに経営判断の原則を理解せず、会社の数字を見ていない経営者の思考パターンは、

 

社長:(経営判断を下す)

 

部下:「社長、どうもあれは効果がないようです。」

 

社長:「...。」

 

これだと、経営判断(Paln) → 部下の進言 → 最初に戻る、会社の数字を診ることを放棄して、勘だけで経営を行う中小企業経営者の典型的な思考パターンです。

 

これではいつまでたっても、経営判断に自信はつきません。

 

逆に心配ごとが増すだけです。

 

さらに、この状態でメンタル強化に走っても、経営判断に自信がつかないのは目に見えてます。

 

世阿弥の言葉、「強き稽古、物数を尽くせよ」。

 

最初から才能のある人は、そうそうおりません。

 

何事も基本に忠実に、会社の数字を診る練習を繰り返し、経営判断の経験と体験を増やすことが「経営判断に自信」をつける一番の近道です。

 

当然ながら、経営判断に自信がついてくると、自ずと経営判断の原理原則も身についていきます。

 

➡NEXT「中小企業の後継者が経営者になるには」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ