成長戦略の基本|企業成長を加速する経営戦略・未来投資・投資ポートフォリオ

 

成長戦略とは、企業成長を後押しする経営戦略(経営方針)のことである。

 

成長戦略を掲げると、企業成長を目標とした会社経営の軸足が定まり、成長戦略の実行度合いが高まるほど、企業の成長スピードが加速する。

 

この記事では、成長戦略の基本概要、並びに、企業成長を加速する経営戦略・未来投資・投資ポートフォリオについて、詳しく解説する。

 

 

成長戦略の基本

 

成長戦略とは、企業成長を後押しする経営戦略(経営方針)のことで、成長戦略が明快なほど、企業成長を目標とした会社経営の軸足が確固たるものになる。

 

成長戦略を掲げると、企業成長を阻害する課題やリスクが明かになるので、成長するためにすべき実践事項(行動姿勢)が明快になり、成長戦略の実践度合いが高まるほど、企業の成長スピードが加速する。

 

中小企業における成長戦略の基本(重要ポイント)は様々あるが、特に抑えるべき点は、組織力強化、利益拡大、成長投資の3つになる。

 

組織力強化

事業は人なりの言葉通り、組織の力が企業の成長をけん引する。成長戦略の出発点は組織力の強化にあり、組織力の強化なくして企業の成長はない。

 

利益拡大

企業の生存を保障する現金の源泉になる利益の拡大なくして成長はない。また、現金が増えるほど、成長戦略の規模が大きくなり、会社の成長スピードが加速する。

 

成長投資

成長投資は、新たな顧客と売上を生み出し、事業規模を大きくする。また、成長投資は、売上や顧客を生み出す重要資源になり得る事業価値(ビジネスモデル・商品・設備等々)の陳腐化を防ぐ役割もある。つまり、成長投資なくして、企業成長はないといっても過言ではない。

 

 

企業成長を加速する経営戦略

 

成長戦略を展開するには、組織力強化と利益拡大が欠かせないが、これからを実現するには経営基盤を相応に整える必要がある。

 

足元の経営基盤を盤石に整えなければ、事業拡大のための成長戦略の展開が機能不全に陥るからだ。

 

成長戦略の展開に耐えうる経営基盤を整えるには、事業の健全化と効率化が必須条件になり、これらをおざなりにすると、必ず成長戦略がどこかでとん挫する。

 

事業の健全化は、経常利益の黒字化、フリーキャッシュフローの拡大、顧客に尽くす当たり前の仕事ができる風土作りの三本柱が肝になり、これらの実現が組織力強化と利益拡大の土台になる。

 

事業の効率化は、新しいノウハウを取り込み、顧客接点を増やすため、或いは、顧客満足度や顧客サービスを向上させるための業務改善の推進が正攻法になり、これらの取り組みが組織力強化と利益拡大を一段と後押しする。

 

 

企業成長を加速する未来投資戦略

 

成長戦略の肝は成長投資、つまり、未来投資の実践に尽きる。

 

未来投資とは、将来の成長を見込んだ先行投資のことで、先行投資の成果が大きいほど、事業の拡大スピードが加速する。

 

未来投資は、戦術的投資・戦略的投資・中長期的投資の3つに大別することができ、この3つの成長投資をバランスよく実践することが、成長戦略の成功条件になる。

 

なお、戦術的投資とは、毎年見直すべき成長投資で、販促やインセンティブ等の短期的視点で行う成長投資のことである。

 

戦略的投資とは、長期に亘り毎年支出する成長投資のことで、中長期的投資とは、大規模修繕、設備投資、大型リース等々、比較的投資金額が大きく、投資効果が中長期に及ぶ成長投資のことである。

 

 

企業成長を加速する投資ポートフォリオ

 

成長戦略を成功させるには、戦術的投資・戦略的投資・中長期的投資の3つの未来投資をバランス良く実践することが欠かせない。

 

未来投資のポートフォリオ(投資分散の組合せ)は、会社を取り巻く経営環境、或いは、事業特性や業界特性によって変わる。

 

未来投資のポートフォリオ例

 

前期の通り、未来投資のポートフォリオは会社によって大きく変わるが、例えば、資本集約型の産業(製造業等)のポートフォリオは、中長期的投資の比重が重くなり、資本集約型と人的集約型の中間に位置する産業(小売業等)のポートフォリオはバランス重視になる。

 

 

企業成長を加速する成長戦略のまとめ

 

成長戦略とは、企業成長を後押しする経営戦略(経営方針)のことで、成長戦略が明快なほど、企業成長を目標とした会社経営の軸足が確固たるものになる。

 

成長戦略を展開するには相応の経営基盤(盤石な組織力と利益水準等)を整える必要があり、そのための出発点が、事業の健全化と効率化になる。

 

また、成長戦略は、戦術的投資・戦略的投資・中長期的投資の3つの未来投資の実践が肝になり、会社の経営環境や事業特性に合わせた投資ポートフォリオの構築が成長戦略の成功を大きく左右する。

 

企業成長(進化・脱皮・変化等)は、会社存続の絶対条件になる。成長戦略の展開が十分にできているか否か、一度点検することをお薦めする。

 

伊藤のワンポイント

経営者が成長(進化・脱皮・変化等)することを止めると、その瞬間から企業の衰退が始まります。会社を取り巻く経営環境は絶えず変化し、目の前のライバルも絶えず変わります。そうした環境下で成長し続けるには、成長戦略を展開し、絶えず進化することが求められます。成長戦略の展開は会社存続の絶対条件です。

 

➡NEXT「ワンマン経営の3つの成功条件」へ

 

 

経営セミナー「事業を拡大する社長の仕事とリーダーの条件が分かる」

 

本経営セミナーでは、事業拡大を加速する社長の仕事とリーダーの絶対条件について事例を交えて分かりやすくお話しします。会社をさらに拡大したい経営者(リーダー)は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒経営セミナー「事業を拡大する社長の仕事とリーダーの条件が分かる」はこちら

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る