会社立て直しの正攻法

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社を立て直し黒字化する方法

会社を立て直し黒字化する方法

 

会社を立て直し黒字化する方法は、会社のあるべき姿を明確にイメージするところから始まる。

 

なぜなら、会社のあるべき姿を明確にイメージしないと、会社を立て直すうえで障害になり得る経営課題を明らかにすることが出来ないからだ。

 

会社のあるべき姿には、経営理念等の抽象的なものと、数値目標等の絶対的なものがあるが、会社を立て直し黒字化するには、最低限、経営理念と数値目標、この両方が欠かせない。

 

じつは、業績が悪化する会社、或いは、赤字経営が常態化している会社に限って、会社のあるべき姿が曖昧である。

 

例えば、経営理念がないために組織が方向感覚を失い、行き当たりバッタリの経営に陥っている会社、或いは、数値目標がないために、強い利益意識やコスト意識が欠落している会社などは、あるべき姿が曖昧な会社の典型例である。

 

また、経営理念や数値目標がない会社の業績がひとたび悪化すると、会社を立て直し黒字化することが難しくなるので、業績悪化の負のスパイラルに陥りやすくなる。

 

場合によっては、会社の立て直しができず、倒産まっしぐらといった状況に陥ることもあり得る。

 

あるべき姿を明確にイメージすることなく、会社を立て直すことは至難の業なのだ。

 

会社の組織全員があるべき姿に向かうと、確実に、業績が好転する方向に組織の力が集結するので、黒字化と共に、会社立て直しの見通しが見えてくる。

 

なお、経営理念は経営者の想いと会社の存在意義を掲げると、組織の力を1点に集中させる目標になり得る。

 

創業から代が下るにつれて経営理念が曖昧になっている会社は少なくない。

 

会社を立て直し黒字化する出発点として、まずは経営理念を見直してみてほしい。

 

 

会社を立て直し黒字化するための数値目標とは?

 

会社を立て直し黒字化するには、然るべき数値目標を掲げ、組織に利益意識とコスト意識を定着させる必要がある。

 

なぜなら、利益の追求と適正なコストコントロールなくして、会社の立て直しなど出来ないからだ。

 

事実、業績が悪化する会社には利益目標がなく、コストも適正にコントロールされていない。

 

なお、赤字経営、つまり、マイナスの状態から会社を立て直し黒字化する場合の数値目標は、営業利益ゼロが最初の目標になる。

 

営業利益ゼロに向かって会社を立て直し黒字化する方法は、次の3つがある。

 

1.マイナス分の利益をカバーするための売上を新たに作る

 

2.利益の総量を増やすために利益率を改善する

 

3.過分にかかっている経費をカットする

 

上記3つの方法を会社の立て直しに即効性がある順番に並び変えると、3⇒2⇒1の順になる。

 

会社を立て直すために売上拡大に躍起になる経営者をたまに見かけるが、売上拡大の優先度は最後尾である。

 

そもそも、従前の売上拡大の活動が、業績悪化の元凶になっているケースも珍しくない。

 

コストカット、利益率の改善を速やかに実行し、営業利益ゼロに回復した後に、資金的な余裕をもって売上拡大に移行するのが、会社立て直しの正攻法である。

 

また、組織の不安や不満を徹底的に洗い出して会社の深刻な経営課題を浮き彫りにし、その経営課題を一つひとつ解消することも会社の立て直しに欠かせない取組みになる。

 

➡NEXT「業績が悪化する中小企業の特徴」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る