事業拡大の実践ノウハウ(6)

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

社員の思考力を高めて事業を拡大する方法|事業拡大の思考力を身につける方法

社員の思考力を高めて事業を拡大する方法

 

事業は社員の働きの連続で拡大していくので、社員の仕事の質を高めれば自ずと事業も拡大していく。

 

そのために必要なことは、社員の思考力を高めることだ。なぜなら、社員の思考力が高まれば、指示待ち集団から、自らが考えて働く集団に変貌するからである。

 

当然ながら、社員の自主性と仕事の質が高まれば、事業拡大のスピードは一段と加速する。

 

超速で事業を拡大するために社員の思考力を高める最も優れた方法は、情報を共有することである。

 

例えば、経営理念を共有すると組織の行動原理が明快になるので、生産性が飛躍的に上がり事業拡大のスピードが加速する。

 

目標を共有すると、組織の力が1点に集中するので、組織の生産性が上がり、事業拡大のスピードが加速する。

 

会社の数字を共有すると、数字への責任感が高まりムダとムラがなくなるので、利益が拡大し、事業拡大のスピードが加速する。

 

ミスやクレームを共有すると、同じ過ちがなくなり、顧客満足度が高まるので、売上増加と共に事業拡大のスピードが加速する。

 

このように、「経営理念」、「目標」、「会社の数字」、「ミスやクレーム」など等、会社の儲けを拡大してくれる分野の情報を共有するほど、あらゆる分野における社員の思考力が高まり、事業拡大のスピードが加速していく。

 

業績が悪化する中小企業ほど、経営者や一部の社員だけが情報を独占しているケースが多いが、情報は独占していても何の役にも立たない。

 

情報を共有することで、はじめて社員の思考力向上と事業の拡大に役立つのだ。

 

 

事業拡大を支える思考力を作る方法

 

事業拡大を支える思考力を作る方法は、前章で解説した「経営理念」、「目標」、「会社の数字」、「ミスやクレーム」など等の情報を共有することが有効だが、このほかにもお薦めしたい方法がある。

 

それは、情報の収集方法と社員の教育方法である。

 

例えば、情報の収集方法に落ち度があれば、優れた情報を共有することが出来ないため、社員の思考力が一向に高まらず、事業拡大のスピードが鈍化してしまう。

 

或いは、社員の思考力を高めるための教育方法に落ち度があれば、共有した情報が活かされず、事業拡大のスピードが鈍化してしまう。

 

社員の思考力を高め、事業拡大のスピードを加速するには、正しい「情報の収集方法」と「社員の教育方法」のポイントを抑える必要があるのだ。

 

それぞれのポイントを詳しく解説したい。

 

事業拡大に役立つ「情報の収集方法」

優れた情報は現場にある。そして、現場の情報を吸い上げるには、経営者自らが現場スタッフに語りかけ、自らが情報を収集する努力をすることが大切である。なぜなら、現場からの報告を待っているようでは、良質な情報は決して集まらないからだ。例えば、ミスやクレームといったマイナス情報などは、まずもって上がってこないと思ったほうが良い。情報収集の精度は経営者の姿勢ひとつで決まる。つまり、事業拡大のスピードは経営者の姿勢ひとつで決まるのだ。

 

事業拡大に役立つ「社員の教育方法」

社員教育は自社の情報教育を最優先すると、業績拡大を後押しする思考力が短期間で身につく。例えば、週一ミーティングに、「経営理念が具現化されているか?」、「会社の数字(実績と目標)を理解しているか?」、「顧客や現場の声を経営に反映しているか?」、「ミスやクレームの実情と対策を共有しているか?」といった4つのテーマを週替わりで協議させるだけで、十分な社員教育の効果を得ることができる。わずか4つのテーマであっても、協議が深まるほど、会社の業績や置かれている立場、やるべき事や目指すべきことの理解が深まるので、社員の思考力と共に事業拡大のスピードが上がる。

 

➡NEXT「成功ノウハウを仕入れて事業を拡大する方法」へ

 

 

無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」

 

無料オンライン経営講座は中小企業専門の経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が実践している儲かる会社経営の極意を説いた経営講座です。プロの経営術を習得したい中小企業経営者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」はこちら

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る