事業拡大の実践ノウハウ(3)

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

超速PDCAで事業を拡大する方法

超速PDCAで事業を拡大する方法

 

PDCAサイクルは、事業拡大の推進に欠かせないツールである。

 

なぜなら、PDCAサイクルは、効率的かつ効果的な事業活動を実現し、事業拡大のスピードを一段と加速させるからだ。

 

PDCAサイクルは、Plan(計画)⇒Do(実行)⇒Check(評価)⇒Act(改善)の4段階で構成されている。

 

PDCAの順でサイクルを回転させることで、効率的かつ継続的に業績を改善することができる。

 

PDCAサイクルは、何れの要素も業績拡大に欠かせない。

 

例えば、Plan(計画)がなければ、行き当たりバッタリの事業活動に陥り、業績拡大が遅々として進まなくなる。

 

Do(実行)がなければ、事業拡大はおろか、良くて現状維持、普通は、衰退する一方になる。

 

Check(評価)がなければ、計画と実行の正否を判定する機会が失われ、誤った経営戦略や事業活動を修正することが出来なくなる。

 

Act(改善)がなければ、評価の意味がなくなり、事業拡大に向けたPDCAサイクルの精度や効果が一向に上がらなくなる。

 

つまり、PDCAサイクルなくして、事業拡大は不可能といって過言ではなく、むしろ、会社の衰退リスクが高まる一方になるのだ。

 

また、PDCAサイクルは、どこかひとつの要素の精度が落ちると、全体の精度が一緒に落ちるので、常に全体の精度を最適化する努力が欠かせない。

 

PDCAサイクルは事業拡大の出発点になるが、PDCAサイクルの本質を理解し、正しく運用できている中小企業は決して多くない。

 

事業拡大を始める前に、まずは現状のPDCAサイクルの精度と運用方法が正しいか否か、点検してみてほしい。

 

 

事業を拡大する超速PDCAサイクルを作る方法

 

事業を拡大するためにはPDCAサイクルの本質を理解し、高い精度で、正しく運用することが欠かせない。

 

そして、PDCAサイクルの精度を高め、なお且つ、PDCAサイクルの回転を速めると、事業拡大のスピードが間違いなく加速する。

 

超速PDCAサイクルを作る方法を紹介する前に、基本的な、PDCAサイクルをおさらいする。

 

例えば、営業成績を上げるための基本的なPDCAサイクルは下記の通りである。

 

①Plan(計画):重点営業商品をひとつ選び、ひと月単位の営業計画を立てる

 

②Do(実行):計画に基づいて営業を展開する

 

③Check(評価):ひと月単位で実行の結果を検証する

 

④Act(改善):結果の良し悪しを分析し、より良い営業計画に改善する

 

以上の要領でPDCAサイクルを回していれば、自ずと効果的かつ効率的な営業展開が実現でき、事業拡大の道筋が見えてくる。

 

この基本的なPDCAサイクルに、ひと工夫加えると、超速PDCAサイクルが実現でき、事業拡大のスピードが一段と加速する。

 

それぞれの要素ごとに詳細を解説していきたい。

 

Plan(計画)

重点営業商品は複数選び、営業計画はひと月単位と合わせて、一日単位の計画も作る。計画が細分化されることで超速PDCAサイクルが回り、事業拡大のスピードが一段と加速する。

 

Do(実行)

ひと月単位ではなく、一日単位の計画を意識すると、効率と効果を考えて実行するようになるので、超速PDCAサイクルが回り事業拡大のスピードが一段と加速する。

 

Check(評価)

ひと月単位ではなく、一日単位で結果を検証すると、計画と実行の正否を毎日正すことができる。PDCAサイクルの精度が高まると共に、超速PDCAサイクルが回り事業拡大のスピードが一段と加速する。

Act(改善)

結果の良し悪しを毎日改善すると、PDCAサイクルの精度が毎日高まる。重点商品が絞り込まれ、営業活動もそこに集中していくので、結果として、超速PDCAサイクルが回り事業拡大のスピードが一段と加速する。

 

➡NEXT「失敗を積み重ねて事業を拡大する方法」へ

 

 

無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」

 

無料オンライン経営講座は中小企業専門の経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が実践している儲かる会社経営の極意を説いた経営講座です。プロの経営術を習得したい中小企業経営者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」はこちら

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る