事業拡大の実践ノウハウ(1)

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

数字を活用して事業を拡大する方法

数字を活用して事業を拡大する方法

 

数字の活用は事業の拡大に欠かせない方法である。

 

なぜなら、数字ほど状況を正確かつ客観的に捉える道具はないからだ。

 

例えば、事業拡大のプロセスを数字で管理しなければ、事業拡大のプロセスの正確性を高めることも、事業拡大のアプローチの正否を確かめることもできない。

 

つまり、数字の活用なくして、事業拡大を成功に導くことはできないと言っても過言ではないのだ。

 

事業拡大を後押しする数字の活用方法は沢山あるが、例えば、次のような数字の活用方法は事業拡大に大いに役立つ。

 

☑経営者と社員が同じ数字を共有する

 

☑事業拡大の計画と目標に、必ず数字を加える

 

☑事業拡大活動の結果の検証に、必ず数字を使う

 

☑BSやPLの数字を分析し、事業拡大活動の正否を判定する

 

☑アプロ―チ件数と成約件数を数値化し、アプローチ手段の効果を判定する

 

☑営業訪問回数や時間と営業成約件数の相関関係を検証し、営業効果を最大化する

 

☑電話対応の時間を測定し、短縮改善の時間目標を設定する。或いは、電話対応の満足度評価を数値化し、対応品質の改善目標を設定する

 

以上のような数字の活用方法は、事業活動の精度を高め、事業拡大の成功率を飛躍的に高める効果がある。

 

事業拡大に関わる大概のことは数字で説明することができ、数字で検証することが出来る。

 

数字を意識し、数字の背景を理解し、数字を予測する姿勢が、事業活動の精度を高め、結果として、事業拡大のスピードを速めてくれるのだ。

 

 

事業拡大に欠かせない管理会計の活用

 

事業拡大に数字の活用が欠かせないが、なかでも管理会計は必要不可欠なツールである。

 

管理会計とは、会社の数字を有益な情報に変換、管理、運用し、会社の経営分析力を高める会計手法のことである。

 

管理会計は、自分の会社の数字を使い、自分の会社の事業活動の精度を高めるための会計手法なので、どんな会社にも当てはまる公平性の高い公式や数式がメインの財務分析とは似て非なるものである。

 

事業拡大のために、どの数字を拾い、どの数字の背景を理解し、どの数字を目標とすべきか、など等、経営者の数字力のみならず、創造性も求められるのが管理会計の本質である。

 

ちなみに、管理会計は、原則、四則演算(加減乗除・+-×÷)の世界なので、決して難しいものではない。

 

例えば、売上成長率や営業利益率の現状分析や目標設定も管理会計の範疇に入る。

 

じつは、中小企業の管理会計未導入の会社は80%と云われている。

 

中小企業の70%が赤字経営と云われているので、管理会計未導入と赤字経営は相関がとれている。

 

経済環境は加速度的に多様化しているので、経験と勘に頼った行き当たりバッタリの経営では、事業の拡大は困難である。

 

資本力に乏しい中小企業ほど、たった一つの経営判断のミスが致命傷になるので、数字という正しい根拠情報なくして事業拡大は不可能といっても過言ではないのだ。

 

➡NEXT「目標を掲げて事業を拡大する方法」へ

 

 

無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」

無料オンライン経営講座は中小企業専門の経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が実践している儲かる会社経営の極意を説いた経営講座です。プロの経営術を習得したい中小企業経営者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」はこちら

 

 

おススメ記事

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る