経営の基本知識

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営の基本を踏み外すと会社が倒産する

経営の基本を踏み外すと会社が倒産する

 

会社経営において基本ほど大切なものはない。

 

当然ながら、経営の基本を踏み外すと会社倒産のリスクが高まるばかりになる。

 

経営の基本は、挙げたらキリがないほどあるが、基本中の基本は、さまざまな経営領域のギャップを解消し続けることに尽きる。

 

例えば、「業績目標と実績のギャップ」、「商品やサービスの価値と顧客評価のギャップ」、「経営者と社員の意識や価値観のギャップ」、この3つのギャップは、決して見逃してはならないギャップの代表例である。

 

何れのギャップも見逃した瞬間から、会社倒産のリスクが育ち始め、ギャップが大きくなると、少しのきっかけで会社が倒産することもあり得る。

 

例えば、業績目標と実績のギャップが大きくなると、業績悪化のリスクが高まり、ギャップが大きくなるほど、業績回復の道筋が険しくなる。

 

商品やサービスの価値と顧客評価のギャップが大きくなると、顧客離脱のリスクが高まり、ギャップが大きくなるほど、顧客奪回の道筋が険しくなる。

 

経営者と社員の意識や価値観のギャップが大きくなると、離職のリスクが高まり、ギャップが大きくなるほど、組織力回復の道筋が険しくなる。

 

この他にもギャップが生じる経営領域は沢山あるが、とにかく、さまざまな経営領域に生じるギャップを解消し続けることが、経営の基本なのだ。

 

 

経営の基本である3大ギャップの解消方法とは?

 

基本があって応用があると云われるように、会社経営において基本ほど大切なものはない。

 

先に述べた通り、さまざまな経営領域に生じるギャップを解消し続けることが経営の基本だが、とりわけ重要な「業績目標と実績のギャップ」、「商品やサービスの価値と顧客評価のギャップ」、「経営者と社員の意識や価値観のギャップ」の3つのギャップを解消する基本的な方法をさらに詳しく解説していきたい。

 

会社倒産を防ぐ代表的なギャップの基本的な解消方法を参考に、現状の経営状況を点検してみてほしい。

 

 

業績目標と実績のギャップの解消方法

 

業績目標と実績のギャップ解消は、経営の基本中の基本である。

 

なぜなら、業績目標と実績のギャップが大きくなると、業績悪化のリスクが高まり、ギャップが大きくなるほど、業績回復の道筋が険しくなるからだ。

 

中小企業の場合、そもそも基本の業績目標がない、或いは、業績目標があったとしても適当ではない、といった状況に陥っている会社が少なくない。

 

当然ながら、業績目標がなければ、実績とのギャップを正しく捉えることはできず、経営の基本を逸脱した行き当たりバッタリの経営に陥りやすくなってしまう。

 

なお、基本の業績目標は経営状態や業種業態によって変わってくるが、こちらの記事で基本の業績目標に使える経営指標をたくさん紹介しているので、是非とも参考にしてほしい。

 

 

商品価値と顧客評価のギャップの解消方法

 

商品価値と顧客評価のギャップ解消は、経営の基本中の基本である。

 

なぜなら、商品やサービスの価値と顧客評価のギャップが大きくなると、顧客離脱のリスクが高まり、ギャップが大きくなるほど、顧客奪回の道筋が険しくなるからだ。

 

商品価値と顧客評価のギャップを解消するには、常に謙虚な気持ちで顧客の声と向き合う姿勢が欠かせない。

 

例えば、顧客の要望やクレームを自身の至らなさという視点で帰結できる謙虚さは、新たな商品アイデアや改善アイデアを生み出す秘訣になる。

 

市場が悪い、顧客が悪いといった視点で物事を考えている限りは、ギャップが小さくなることはなく、顧客の離脱がますます加速してしまう。

 

市場や顧客の声に真摯に耳を傾ける謙虚な姿勢が、ギャップを解消する基本姿勢なのだ。

 

 

経営者と社員の意識や価値観のギャップの解消方法

 

経営者と社員の意識や価値観のギャップ解消は、経営の基本中の基本である。

 

なぜなら、経営者と社員の意識や価値観のギャップが大きくなると、離職のリスクが高まり、ギャップが大きくなるほど、組織力回復の道筋が険しくなるからだ。

 

経営者と社員の意識や価値観のギャップを解消するには、経営者が積極的に社員とコミュニケーションを取ることが欠かせない。

 

例えば、普段の声掛けや労い、社員の声を真摯に聞くといった経営者の姿勢は、経営者と社員の意識や価値観のギャップをだいぶ小さくする。

 

また、会社の情報を全員で共有する(社員の自主性向上)、社員の不満解消(社員のやる気向上)、数字の共有(社員の責任感向上)、など等、経営者と社員のコミュニケーションが密になるほど、ギャップが小さくなる。

 

ちなみに、中小企業の離職の最大原因は経営者と社員のコミュニケーション不足にある。

 

経営者が社員と密にコミュニケーションを交わすことは経営の基本と思って、決して疎かにしないでほしい。

 

➡NEXT「会社が倒産する原因とは?」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る