会社が潰れる兆候が分かるチェックリスト|会社倒産の前兆が分かる

会社が潰れる兆候チェックリスト

 

わたしは中小・中堅企業専門の経営コンサルタントとして数多くの中小企業の経営実態を見てきた。

 

再建事案も多く、会社が潰れる兆候がどこにあるのか、会社を潰さないためにすべきことは何か、など等、安定経営のコツも数多く知っている。

 

経営の専門家の立場から、会社が潰れる兆候をレベル1からレベル3に分けてチェックリストを作成している。

 

会社の現状とチェック項目を照らし合わせて、会社が潰れる兆候がないか否か、定期的に自己診断することをお薦めする。

 

レベル1

一つでも当てはまる項目があれば「会社が潰れる兆候がある」と言わざる得ない。直ちに、経営改善に取り組み、倒産リスクを解消することをお薦めする。

 

レベル2

一つでも当てはまる項目があれば「会社が潰れるリスクが高い」と言わざる得ない。直ちに、経営改善に取り組み、倒産リスクを解消しなければ、会社が潰れる危機的状況に陥るだろう。

 

レベル3

一つでも当てはまる項目があれば「数年以内に会社が潰れる」可能性が極めて高く、いわゆる末期症状である。直ちに、抜本的経営改善に取り組み、倒産リスクを解消しなければ、会社が潰れる可能性が高い。

 

 

会社が潰れる兆候チェックリスト「レベル1」

 

会社が潰れる兆候チェックリスト”レベル1”である。

 

一つでも当てはまる項目があれば「会社が潰れる兆候がある」と言わざる得ない。直ちに、経営改善に取り組み、倒産リスクを解消することをお薦めする。

 

倒産リスクチェックリスト

☑手形取引がある。

 

☑社員教育を行っていない。

 

☑社内清掃を十分に行っていない。

 

☑成長投資を十分に行っていない。

 

☑継続的な経営改善を行っていない。

 

☑経営者の事業拡大の気迫やビジョンが弱い。

 

☑通期は黒字だが、単月で赤字の月がある。

 

☑黒字経営だが、経営数値が適正水準にない。

 

☑売上総利益高営業利益率が10%を下回ってる〔計算式:(営業利益÷売上総利益)×100〕

 

☑利益目標など具体的数値目標がない。また、会社の数字を社員と共有していない。

 

☑月次決算書を毎月作成していない。或いは、月次決算書の内容を毎月確認していない。

 

☑減価償却費を毎月計上していない。棚卸資産の計算を毎月行っていない。原価計算のルールがない、或いは、原価計算をしていない。部門別の損益を計算していない。など等、損益計算の精度が低い。

 

会社が潰れる兆候チェックリスト「レベル2」

 

会社が潰れる兆候チェックリスト”レベル2”である。

 

一つでも当てはまる項目があれば「会社が潰れるリスクが高い」と言わざる得ない。直ちに、経営改善に取り組み、倒産リスクを解消しなければ、会社が潰れる危機的状況に陥る可能性が高い。

 

レベル2の段階で速やかに経営改善に着手すれば、会社が潰れる可能性は低く、助かる可能性が高いが、逆にいえば、レベル2の段階で然るべき経営改善を行わないと、数年以内に会社が潰れるということである。

 

つまり、レベル2は、会社が潰れるか否かのデッドラインでもあるのだ。

 

業績不調から会社再建を依頼する中小企業の経営状態は、殆どがデットラインを超えている。デットラインを超えた状態を放置すると僅か数年で会社が潰れる可能性が高まるので、心してチェックしてほしい。

 

倒産リスクチェックリスト

☑赤字経営である。

 

☑資本欠損の状態にある。

 

☑赤字商品や赤字取引がある。

 

☑資金繰りの厳しい月がある。

 

☑売上・利益・現金が伸び悩んでいる。

 

☑条例違反や法令違反をしている。

 

☑社長が2/3以上の株式を持っていない。

 

☑会社の雰囲気が悪い。

 

☑問題社員の存在がある。

 

☑会社のお金を社員に横領されたことがある。

 

☑経営者の価値観に共感していない社員がいる。

 

☑売上全体の20%以上を占める大口取引先がある。

 

☑経営者の後継者、或いは、ナンバーツーがいない。

 

☑本業とは全く関係のない新規事業に手を出している。

 

☑ライバル企業の動向を把握していない

 

☑顧客の声を無視している。或いは、顧客満足度を追求していない。

 

☑社員の声を無視している。或いは、社員満足度を追求していない。

 

☑経営者に苦手分野があり、それを補うブレーンがいない。

 

☑ワンマン経営の弊害が噴出している。(パワハラ、セクハラ、モラハラ、身内優先、社員軽視、利益独占、贅沢独占、離職加速、など等)

 

☑社長に愛人がいる、社長が宗教を会社に持ち込んでいる、など等、社長が社員の反発を招く行動をしている。或いは、社長が社員から尊敬されていない。

 

会社が潰れる兆候チェックリスト「レベル3」

 

会社が潰れる兆候チェックリスト”レベル3”である。

 

一つでも当てはまる項目があれば「数カ月~数年以内に会社が潰れる可能性が極めて高く」、いわゆる末期症状である。直ちに、抜本的経営改善に取り組み、倒産リスクを解消しなければ、会社が潰れる可能性がある。

 

倒産リスクチェックリスト

☑赤字経営、かつ、債務超過で借金もある。

 

☑粉飾決算が常態化している。

 

☑厳しい資金繰りが常態化している。

 

☑取引先への支払遅延が常態化している。

 

☑社員への給与支払いの遅延が常態化している。

 

会社が潰れる兆候チェックリストのまとめ

 

会社が潰れる兆候を察知した場合、経営者が取るべき行動は、今すべきことに全力を注ぐことである。

 

自分で対処することができなければ専門家の手を借りてでも会社が潰れるリスクを速やかに解消しないと、時を待たずして会社が潰れることになる。

 

すでに述べた通り、会社が潰れる兆候を察知し、直ちに行動を起こした場合、助かる確率が高いのはレベル2までである。

 

レベル3は、時すでに遅しで、会社を再生するには相当の痛みを伴う経営改革が必要になる。

 

中小企業の場合、会社を大きくするも会社を潰すも経営者次第である。経営者の責務として、日頃から会社が潰れる兆候に目を光らせ、リスクの芽を摘み取る仕事を忘れないでほしい。

 

伊藤のワンポイント

倒産の兆候を見逃したまま経営を続けると何れ会社が倒産します。社長自身が日頃から経営状況を把握し、些細な兆候も見逃さないことが大切です。倒産の兆候が見つかった場合は、即、社長が先頭に立って課題解決に取り組まなければなりません。課題解決の先送りは、倒産リスクを大きくするだけだと思ってください。

 

➡NEXT「三代目社長が会社を倒産させる本当の理由」へ

 

 

経営セミナー「企業の成長と衰退の法則が分かる」

 

本経営セミナーでは、中小企業の成長と衰退の法則と共に、経営者の必須スキルとマインドについて、事例を交えて分かりやすくお話しします。会社をさらに拡大したい経営者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒経営セミナー「企業の成長と衰退の法則が分かる」はこちら

 

 

おススメ記事

 

 

 

 









 


人気記事ランキング
企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。この記事では、企業存続の3つの条件について詳しく解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る