会社の強みの正しい見つけ方

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社の強みを見誤ると衰退する

会社の強みの見つけ方を誤ると衰退する

 

中小企業が会社の強みを見誤ると会社は衰退の一途を辿ってしまう。

 

なぜなら、会社の強みは中小企業の存続を保障する重要な要素だからだ。

 

中小企業の存続を保障する会社の強みは、徹底した差別化分析から生み出される。

 

例えば、大企業や競合他社の商品と比べて如何に差別化できているか否かを徹底的に分析していくと、自ずと、自社の会社の強みが明らかになる。

 

但し、注意も必要だ。

 

それは、会社がおかれている事業環境を正しく理解することである。

 

例えば、中小企業が大企業と同じような安価で画一的に大量生産される商品と同じ土俵で勝負しても、勝てる見込みはない。

 

すでに競合他社が先行してる商品と同じレベルのもので勝負しようとしても、同様の結果になる。

 

会社がおかれている事業環境を正しく理解せずに、誤った観点で会社の強みを捉えてしまうと、冒頭で述べた通り、会社は衰退の一途を辿ってしまう。

 

中小企業が市場に生き残るには、大企業や競合他社に負けない会社の強み、つまり、明確な差別化ポイントが欠かせない。

 

会社の強みがない状態で生き残れるほど、市場競争は甘くないのだ。

 

 

中小企業が避けるべき会社の強みの見つけ方

 

中小企業が市場で生き抜くために磨くべき会社の強みは様々ある。

 

商品、価格、サービス、人材、品質、技術、特許、少量多品種、小ロット体制、独自商圏、ネットワーク、、、など等、会社の強みになり得る要素を挙げたらキリがない。

 

このなかに、中小企業が会社の強みにしてはならないものが一つある。

 

それは「価格」である。

 

例えば、「あなたの会社の強みはなんですか?」

 

という問いかけに対して、「安さだけならどこにも負けません。低価格が会社の強みです。」と、返答する中小企業経営者が稀にいるが、価格しか競合他社に勝てる要素がないのであれば、長期的な会社経営は難しい。

 

低価格を会社の強みにした場合の企業寿命は、せいぜい1代限り、もって2代である。

 

なぜなら、中小企業は価格面では大企業に勝てないからだ。

 

また、競合他社に安値攻勢を仕掛けられると、不毛な消耗戦(体力勝負・資金勝負)に陥り、安定経営を阻害する弊害がさまざま噴出する。

 

例えば、中小企業が消耗戦に突入すると、如何に安い商品を顧客に提供するか、という一点に経営方針が集中するので、材料コストや人件費が安価な方向に誘導される。

 

当然ながら、時間が経過するほど、提供する商品の付加価値やサービスレベルが低下する。

 

安価品に飛びつく需要があるうちはいいが、品質事故や風評被害等で客離れを起こすリスクも抱える。

 

一度客離れを起こすと収益が極端に減少し、会社存続が危ぶまれる事態にも繋がりかねない。

 

仮に会社が存続したとしても、薄利多売で十分な利益が確保できないので、会社の発展を支える成長投資や設備投資、修繕投資を満足に行うことができず、至るところが老朽化していく。

 

何かの拍子に設備が故障して経営効率が落ちると、すぐに会社経営が行き詰る。

 

最終的には経営者家族の生活費を切り詰める状況にまで行きつく。

 

これでは、なんのために会社を経営しているのか分からない。

 

このように、低価格を会社の強みに掲げた中小企業の経営は早晩行き詰る。

 

中小企業にとって価格の強み(安値や低価格路線)は、会社の強みになるどころか、会社の弱味にしかならないのだ。

 

 

中小企業が目指すべき会社の強みの見つけ方

 

資金力に乏しい中小企業が会社の強みを見失い、ひとたび業績悪化の悪循環に陥ると、そこから抜け出すことは容易なことではない。

 

下の図は、中小企業が目指してはならない会社の強みの見つけ方を図解したものである。

 

 

ご覧の通り、これでは会社の強みが磨かれることはなく、何れ会社の経営が行き詰ってしまう。

 

安値や低価格路線では、長期的な会社経営など、できるものではないのだ。

 

下の図は、中小企業が目指すべき会社の強みの見つけ方の一例である。

 

 

大企業や競合他社に負けない「品質」を作り上げる過程を図解したものだが、このサイクルは、会社の強みを増強し、経営の好循環を作り出す好例である。

 

より良い工夫で付加価値が高まれば会社の強みが増強され、結果、収益が増加する。

 

収益が増加すると、更に品質を上げるための投資が加速する。

 

まさに経営の好循環、プラスのスパイラルである。

 

ちなみに、より良い工夫とは、コストをかけることばかりではない。

 

製法等を工夫して品質を維持しながらコストを下げられるのであれば、それも立派な工夫である。

 

この好循環を守っている限り、会社の強みが棄損することはなく、会社経営はますます安定する。

 

中小企業が目指すべき会社の強みは、価格以外の分野で見つけることが大切なのだ。

 

➡NEXT「経営努力なくして会社の成長なし」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る