ワンマン社長が中小企業を滅ぼす

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

ワンマン経営の弊害と末路

ワンマン経営の弊害と末路

 

ワンマン経営とは、独裁色の強い経営者が会社に君臨して、独りで経営の采配をしている状態のことである。

 

ワンマン経営の強みは、意思決定のスピードが速いことだ。

 

ワンマン社長が独りで経営判断を次々と裁決していくので、経営判断が当たり続ければ会社は急成長していく。

 

会社創業から10年くらいはワンマン経営の方がスピード感があり、時流に乗りやすいメリットがあると思うが、天才的な経営の才能があったとしても、会社経営は生き物のようなものなので、全ての采配が見事に当たり続けることは、まずあり得ない。

 

やはり、会社経営がある程度安定した段階でワンマン経営から徐々に抜け出し、チームでの経営体制に移行した方が失敗リスクは低下する。

 

会社は、経営者ひとりのものではない。

 

社員がいて、取引先がいて、その背後には、関係者の家族もいる。

 

関係者全員の総意を会社経営に反映することは難しいが、社員の理解を得ずに社長の独断で物事を決めていくと、いつしかワンマン経営の弊害が出てくるものだ。

 

 

ワンマン経営の弊害とその末路とは?

 

会社経営の全責任を一心に背負い、公明正大な姿勢でリーダーシップを発揮しているワンマン経営であれば特段問題ないが、ひとりの経営者が10年、20年と会社の頂点に居座り続けると初心が薄らぐものだ。

 

中小企業においては、創業から一代で会社経営を長く行っていると、自己流のワンマン経営に陥りやすくなる。

 

そして、自己流のワンマン経営を長期的に続けていると、会社の持続的成長を阻害する弊害が次々と出てくる。

 

持続的成長を成し遂げるには、ワンマン経営の弊害が出る前に、何らかの手を講じることが必要だ。

 

中小企業の持続的成長を阻害するワンマン経営の代表的な弊害例と対策は下記の通りである。

 

 

ワンマンの弊害「イエスマンの増殖」

 

ワンマン社長の独裁色が強まると、自分の意見に同調しない社員と距離を置き、自分の意見に同調する社員を重宝する傾向が強くなる。

 

ご想像の通り、この状況が長く続くと、役員から一般社員まで、イエスマン揃いとなり、指示待ち症候群の組織になってしまう。

 

会社組織として、これほど軟弱な体制はない。

 

有能な社員や役員であっても、ワンマン社長の意にそぐわない言動があると、会社の中枢から遠ざけれらてしまうことも起こり得る。

 

こうなると、有能な人材が続々と社外に流出し、会社の組織は、益々、イエスマン天国となってしまう。

 

イエスマン天国は、ワンマン経営の末期状態である。

 

過去に再建調査に入った中小企業のワンマン経営の事例を紹介する。

 

この会社は、年商50億を売り上げていて、その地域のなかでは業界1位のシェアを持っていた。

 

創業期から順風満帆な会社経営を続けていたが、数年前に出店した新規営業所が大赤字になり、会社全体の損益が黒字経営から赤字経営に転落していた。

 

新規営業所の赤字額は年間2億円である。

 

経営改善の見込みはなく、5年も放置すれば10億円の赤字である。現場も視察したが、立地条件が悪く、黒字経営が困難であることは容易に想像がつきそうなものだった。

 

経営者に対して「何故出店したのか?」と尋ねたところ、「役員、部長含め、全員賛成のうえでの出店だった」とのことだった。

 

つぎに、経営者のいない会議室で意思決定に関わった当時の役員と部長に同じ質問を投げかけてみた。

 

返ってきた答えは、「あの場では言えなかったが、心の中では全員反対でした」、だった。

 

 

この中小企業は、創業者が長く経営のトップとして経営の采配をとっていた。

 

そして、経営者自身も気がつかない間にワンマン経営に陥り、いつしか組織がイエスマンだらけになっているという典型的なケースだった。

 

経営者が部下からの進言を受け入れる度量を示さないと、会社はいつしか恐怖政治となり、ワンマン経営に拍車がかかる。

 

この場合、意思決定に関わった役員、部長は責められない。やはり、ワンマン経営を推し進めた経営者の責任が一番重いと言わざる得ない。

 

このように、創業期から順風満帆に経営されている会社であっても、ワンマン社長のたった一つの判断ミスが命取りになることは往々にしてあることだ。

 

ワンマン社長になりたくなければ、時には経営者にとって耳の痛い内容であったり、意に反する意見であっても、受け入れる度量が必要だ。

 

 

ワンマンの弊害「ナンバー2不在」

 

ワンマン社長の経営体制が長期的に続くと、本来、経営判断を司るべき立場にいる役員や部長の経営判断能力が一向に磨かれない。

 

組織上では役職者が存在したとしても実質的にワンマン社長のワントップ体制で会社が経営されている場合、役職者は会社経営に参加していない状態に等しくなる。

 

これでは経営者の代わりに会社経営の采配を揮うナンバー2は育たない。

 

ワンマン社長が元気であれば問題ないかも知れないが、社長の身に万が一のことがあったらどうするのだろうか?

 

経営判断力は、責任ある立場で繰り返し経験しなければ、一朝一夕に磨かれるものではない。

 

経営のナンバー2不在の状態でワンマン社長が会社から居なくなってしまったら、その会社の成長はそこで止まってしまうかも知れない。

 

少なくとも、何かしら重要な経営判断に直面したら、戸惑ってしまうだろう。

 

 

中小企業はワンマンが当たり前!?

 

中小企業の経営体制は、ワンマン経営の方が圧倒的に多いだろう。

 

むしろ、ワンマン経営ではない経営体制の方が珍しいといってもいいのかも知れない。

 

そして、ワンマン経営であっても元気よく業績を伸ばしている中小企業があるのも事実である。

 

しかしながら、そのような会社には、社長の右腕と呼ばれるナンバー2の存在や、社員の気持ち忖度する社長の人望の厚さがあったりする。

 

社長のアイデアをどんどん具現化していくナンバー2の存在、或いは、人望の厚い社長の存在は、行き過ぎたワンマン経営のうえにはなかなか成立するものではない。

 

右腕を育てる、或いは、社員への気遣いを丁寧にするという社長の意識ひとつでワンマン経営の性質はガラリと変わる。

 

また、成功しているワンマン社長の特長として挙げられるのは「数字に強い」ということだ。

 

数字は、経営判断、或いは、指揮命令の正しい根拠となり得るので、社員の反発を受けにくいというメリットがある。

 

経営者自身の能力を研鑽する努力も、ワンマン経営を成功させる秘訣なのだ。

 

➡NEXT「保身に走る会社組織の弊害と末路」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る