社員の力を引き出すコミュニケーション術

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

社員とのコミュニケーションで業績を上げる方法|社員コミュニケーションと業績の関係性とは

社員とのコミュニケーションで業績を上げる方法

 

社長と社員のコミュニケーションの質は、会社の成長と衰退を決定づける。

 

なぜなら、社員とのコミュニケーションが不十分だと、組織の活力が低下する、社員が離職する、良質な情報が上がってこない、など等といった会社衰退の危険なリスクが噴出してしまうからだ。

 

社員とのコミュニケーションは、じつに難しく、事実、社長の一方通行的なコミュニケーションに陥っている中小企業は少なくない。

 

繰り返すが、社長と社員のコミュニケーションの質が低下すると、会社の業績は間違いなく低迷する。

 

社員とのコミュニケーションの質を高めて会社の業績を上げるには、社長が率先してコミュニケーションを実践することが大切だ。

 

この記事では、わたしがおススメしている社長のコミュニケーション術と組織のコミュニケーション術の実践ノウハウを詳しく解説する。

 

是非とも、日頃のコミュニケーションに役立ててほしい。

 

 

社長のコミュニケーション術

 

社長のコミュニケーション術の基本は「聞き役に徹する」ということである。

 

なぜなら、部下からの報告を待っていては、業績改善に役立つ情報など、一向に上がってこないからだ。

 

特に、社内や幹部の悪い噂や業績悪化に繋がる情報は、殆ど上がってこないと思った方が良い。

 

社長自らが部下のもとに足を運んでコミュニケーションを深める姿勢が、良い情報をキャッチする秘訣である。

 

当然ながら、社長のもとに良質な情報が集まると、経営の質がどんどん高まり、自ずと業績が改善されていく。

 

たとえ、悪い情報であっても、すぐに手を打てば挽回できるので、会社衰退のリスクを都度解消することができる。

 

なにより、社長に聞いてもらっている感は、社員にとって大きな励みになり、社員のモチベーションを高める効果も生み出す。

 

また、会議や勉強会では、社長が聞き役に徹した方が、社員の考える力が高まる。

 

(社長は、社員達の議論が行き詰まる、或いは、誤った方向に行ったら助け舟を出すくらいのコミュニケーションが丁度よい)

 

当然ながら、社員の考える力が高まると、社員の仕事の質が高まるので、自ずと業績も上向く。

 

社長のコミュニケーションひとつで、会社の業績が大きく変わるのだ。

 

 

組織のコミュニケーション術

 

組織のコミュニケーション術の基本は「感情を表面化する」ということである。

 

なぜなら、社員の感情を押さえつけてしまうと、社員のモチベーションと共に組織の活力が低下してしまうからだ。

 

社員の感情を表面化するコミュニケーションでおススメなのが、サンクスカードである。

 

サンクスカードは感謝の気持ちを明文化する習慣だが、いまや大企業の職場でも導入されている手法なので馴染みのある経営者も多いと思う。

 

また、社員の不安を聞くコミュニケーションを定着させることも、効果的なコミュニケーション術である。

 

社員の不満は聞き流して差し支えないが、社員の不安は感じた瞬間に取り除いた方が良い。

 

万が一、組織のコミュニケーション不足で社員の不安を見逃してしまうと、その社員の生産性が大きく損なわれる事態を招く場合もある。

 

社長と組織のコミュニケーションが良好であれば、会社が衰退することはそうそう起こり得ない。

 

是非とも、会社のコミュニケーション環境を点検してみてほしい。

 

➡NEXT「顧客満足度を上げて会社を一段と拡大する方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る