業績悪化の原因と実践的対策

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

業績が悪化する中小企業の特徴

業績が悪化する中小企業の特徴

 

わたしはこれまで業績が悪化した中小企業の実態を数多と見てきた。

 

倒産するかしないかの瀬戸際まで業績が悪化した中小企業の再建経験もあり、業績が悪化する中小企業の特徴も数多く知っている。

 

業績が悪化している中小企業ほど、打つべき手を打っていないケースが多いが、経営実態を考えると、それも致し方ない面もある。

 

なぜなら、業績が悪化し、利益がなくなると、業績回復のための成長投資が全くできなくなるからだ。

 

また、経営者自身も目の前の資金繰りに忙殺され、会社の成長をデザインする精神的余裕が全くなくなってしまう。

 

一度、業績が悪化した中小企業がなかなかマイナスのスパイラルから抜け出せない理由は、大概はこのふたつに集約される。

 

会社の業績を悪化させないためには「良好な業績をキープしている時に打つべき手を打つ」ことに尽きるが、これが出来ている中小企業は決して多くない。

 

わたしの感覚だと、打つべき手を打っていないために、ほんの些細な経営環境の変化で業績が悪化に転じる経営実態に陥っている中小企業の方が、はるかに多い印象がある。

 

 

中小企業の業績が悪化する3つの原因

 

中小企業の業績が悪化する原因はさまざまあるが、特に注意してほしい3つの原因を紹介したい。

 

ひとつは、「儲かっている時に経営努力の手を緩めること」、ふたつ目は「経営課題を見落とす・見過ごすこと」、みっつ目は「成功体験にしがみつくこと」である。

 

それぞれの業績悪化の原因を更に詳しく解説したい。

 

 

儲かっている時に経営努力の手を緩める

儲かっている時に経営努力の手を緩めることは、中小企業の業績が悪化する原因ナンバーワンといっても過言ではない。わたしが過去に関わった再建企業も大概は儲かっていた時期があったが、儲かっている時に打つ手を打っていないために倒産の危機に瀕していた。事業価値は経営努力の手を緩めた瞬間から陳腐化が始まる。つまり、ライバル企業との距離が縮まるということだ。業績を悪化させないためには弛まぬ経営努力が不可欠なのだ。

 

 

経営課題を見落とす・見過ごす

経営課題を見落とす、或いは、経営課題を見過ごすと、会社の業績は簡単に悪化する。また、経営課題を誤る、或いは、経営課題の解消方法を誤ることも業績悪化の原因になる。確固たる目標や然るべき行動基準がない行き当たりバッタリの経営に陥っている中小企業ほど、経営課題が原因で業績が悪化している。

 

 

成功体験にしがみつく

成功体験にしがみつくと経営環境の変化に対応できず、業績悪化のリスクが高まる。失敗は必然の結果、成功は偶然の賜物と云われるように、偶発性の高い成功体験にしがみつくことは、失敗に向かっているようなものである。成功体験を重ねることは重要だが、業績悪化を招かないためには成功体験にしがみつくことなく、創造性と柔軟性を持って経営に当たることが大切だ。

 

 

中小企業の業績悪化を防ぐ3つの実践的対策

 

中小企業の業績悪化を防ぐ対策は、前章で解説した業績悪化の原因を回避すること以外にも様々あるが、特に効果的な3つの対策を紹介したい。

 

ひとつは、「数字を見ること」、ふたつ目は「顧客を幸せにすること」、みっつ目は「社員を幸せにすること」である。

 

それぞれの業績悪化を防ぐ対策を更に詳しく解説したい。

 

 

数字を見る

会社の数字には事業活動の結果がすべて表れている。会社の数字を深く理解していれば1年先の業績を予測することも容易になり、業績悪化の兆候を事前に捉えることができる。先手先手の対策が打てるだけでなく、対策結果の検証精度も上がるため、自然と業績上向く。

 

 

顧客を幸せにする

事業は顧客がいて、はじめて成立する。顧客のことを考えない経営は業績悪化のリスクを高めるが、顧客の幸せを考えた経営は業績悪化のリスクを著しく低下させる。企業のブランド価値に合致した顧客に新しい価値を提供する、或いは、顧客の満足度を高める、といった姿勢は必ず業績アップに繋がる。

 

 

社員を幸せにする

事業は社員がいて、はじめて成立する。社員の幸せを考えた経営は、社員の仕事環境や人生そのものに安心感を与え、生産性を高める。また、社員の成長をサポートするほど、組織力が向上し、業績が向上する。

 

 

 

業績が悪化する中小企業の特徴のまとめ

 

中小企業の業績が悪化する原因のなかで特に注意してほしい原因は、「儲かっている時に経営努力の手を緩めること」、「経営課題を見落とす・見過ごすこと」、「成功体験にしがみつくこと」の3つである。

 

そして、中小企業の業績悪化を防ぐ対策は、上記3つの原因を回避することに加えて、「数字を見ること」、「顧客を幸せにすること」、「社員を幸せにすること」の3つの対策が重要である。

 

繰り返すが、一度、業績が悪化し、利益がなくなると、業績回復のための成長投資が全くできなくなるため、そこから回復するのが難しくなる。

 

会社の業績を悪化させないためには「良好な業績をキープしている時に打つべき手を打つ」ことに尽きる。是非とも意識してほしい。

 

➡NEXT「会社が自然と成長する良い会社の条件」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る