飛躍の法則|飛躍のチャンスはいつも目の前にある

飛躍の法則|飛躍のチャンスはいつも目の前にある

 

飛躍のチャンスはいつも目の前にある。

 

飛躍の法則さえ分かれば、誰でも飛躍のチャンスを掴むことができ、今よりも一歩も二歩も成功に近づくことができる。

 

この記事では、飛躍の法則、並びに、飛躍のチャンスの見つけ方や掴み方について、詳しく解説する。

 

 

飛躍のチャンスを見つける法則

 

飛躍のチャンスはいつも目の前にある。

 

なりたい自分、或いは、あるべき会社の姿を具体的にイメージし、現実を見つめ直すことで、理想と現実のギャップ、つまり、飛躍のチャンスが目の前に現れる。

 

また、仕事の本質、周囲の期待、達成すべき目標など等、周囲が待ち望んでいるゴールを具体的にイメージし、自分の立ち位置を見つめ直すことで、改善すべき言動、つまり、飛躍のチャンスが目の前に現れる。

 

そして、飛躍のチャンスになり得る「理想と現実のギャップ」や「改善すべき言動」を正す努力が飛躍に繋がる確かな方法であり、こうした努力を継続するほど、飛躍のチャンスが大きくなる。

 

 

飛躍のチャンスを掴む法則

 

飛躍のチャンスは「今すべきことに全力を注ぐこと」で掴むことができる。

 

飛躍のチャンスになり得る「理想と現実のギャップ」や「改善すべき言動」を正す努力に全力を注ぐも良し、夢、自己実現、熱中できる何かに全力を注ぐも良しだが、何れにしろ、今すべきことに全力を注ぐほど、周囲の評価が変わり、飛躍のチャンスが現実のものになる。

 

他人よりも劣っていれば、他人よりも努力をすれば良いだけのこと。成功したければ、真摯さと情熱を持って成功するまで目の前のことに取り組み続ければ良いだけのこと。

 

周囲を気にすることなく自分を向上させ続けている人間ほど恐ろしい競争相手はいないので、この姿勢で努力を続けると次第にライバルが少なくなり、飛躍のチャンスが現実化され易くなる。

 

飛躍のチャンスは、今、努力できる人間に宿る。

 

わたしは、しんどい時や諦めかけたときほど、この言葉を胸に、今すべきことに努力を注いでいる。

 

 

飛躍のチャンスを増やす法則

 

飛躍のチャンスを増やすには相応のコツがいる。

 

なぜなら、飛躍のチャンスを掴むために、今すべきことに全力を注ぎ続けるには、相当なストレス(覚悟・体力・胆力など等)がかかるからだ。

 

こうしたストレスを解消するには「理想と現実のギャップ」や「改善すべき言動」を自分が望んだものとして受け入れ、それらを正す努力を本心から楽しむマインドを持つことが欠かせない。

 

このマインドがない中で今すべきことに全力を注いでも、ストレスの負荷が強くなると共に努力の不快指数が上がり、結果が出ないから諦める、辛いから辞める(止める)など等の諦め癖がついて、飛躍のチャンスを逃してしまう。

 

山登り同様、今よりも高みを目指すのであれば、多少の努力はあって当たり前。大切なのは、チャンスを掴むための努力をストレスフリーで楽しむマインドを持つことだ。

 

➡NEXT「無能な経営者など存在しない!!」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る