企業の成長は顧客の創造で決まる

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

顧客創造の実践ノウハウ|顧客創造の意味から成功事例まで徹底解説

 

企業の成長は顧客の創造で決まる。

 

なぜなら、新たな顧客なくして売上の拡大はなく、顧客創造のない未来に、企業の成長発展はないからだ。

 

一説では、毎年2割の顧客は常に脱落(離脱)していると云われているので、顧客創造がいかに重要な取り組みかお分かり頂けると思う。

 

この記事では、顧客創造の意味から成功事例、さらには、顧客創造の実践ノウハウに至るまで、詳しく解説する。

 

 

 

顧客創造とは何か?|顧客創造の意味

 

顧客創造とは、新たに顧客を創造する活動のことである。

 

当然ながら、今いる目の前の顧客の存在に満足しているだけでは顧客創造にはならない。

 

顧客創造の本来の活動は、既存顧客を満足させつつ、潜在顧客に対して商品やサービスを認知してもらい、さらに購入してもらうことである。

 

なお、顧客創造という言葉の意味は、経営マネジメントの発明者であるピーター・ドラッカーが提唱したことで知られている。

 

ドラッカーは「利益がなければ事業は存続できない。そして、利益の源泉は顧客である」という考えで、顧客創造を経営マネジメントの重要な核に位置づけ、経営の目的は「顧客創造にあり」という考えを強く提唱した。

 

つまり、顧客創造の意味は、経営そのものであり、顧客創造こそが、経営の真の目的なのだ。

 

 

顧客創造の成功事例

 

顧客創造の成功事例として有名なのは、アマゾン、ユニクロ、デル、この3社の戦略である。

 

何れの企業も独自の戦略で顧客創造に成功しており、小さなベンチャー企業から世界的企業にまで成長している。

 

中小企業であっても有効に機能するお薦めの顧客創造の戦略論なので、ぜひ参考にしてほしい。

 

顧客創造事例「アマゾン」

アマゾンは、ワンtoワンマーケティングの実践で、顧客創造に成功にしている。ワンtoワンマーケティングとは、顧客一人ひとりの要望に合わせた商品やサービスを提供して、顧客満足度を上げる戦略だが、アマゾンはこのマーケティング戦略を徹底して顧客創造に成功している。

 

顧客創造事例「ユニクロ」

ユニクロは、洋服や肌着の機能性を再定義し、顧客創造に成功している。機能性の再定義とは、商品付加価値を高める(再定義する)戦略だが、ユニクロはこのマーケティング戦略を徹底して顧客創造に成功している。

 

顧客創造事例「デル」

デル・コンピューターは、アクセスを改善して、顧客創造に成功している。アクセス改善とは、駅から近い、コンビニで買える、ネット購入の利便性が高い、ネット検索で上位に表示される、など等といった、顧客の利便性を高めるアクセス改善を推進する戦略のことだが、デル社はこのマーケティング戦略を徹底して、顧客創造に成功している。

 

 

顧客創造の実践ノウハウ

 

最後に、顧客創造の実践ノウハウについて、詳しく解説する。

 

顧客創造を実践するうえで、最も重要な作業は自社の顧客を定義し、潜在顧客を発掘することである。

 

そのためにすべきことは、自社の顧客は誰で、その顧客に対する提供価値は何で、その提供価値を高めるために今の事業は将来どうあるべきか、という3つのポイントと、ライバルは誰で、ライバルとの差別化は何で、その差別化によって創造できる理想の顧客は誰か、という3つのポイントを徹底的に議論し、掘り下げることである。

 

このプロセスを経て、しっかり顧客を定義付けできると、自社の顧客が明確になり、潜在顧客へのアプローチが見えてくる。

 

潜在顧客へのアプローチは前章で解説した成功事例を参考に、自社に適した戦略を検討することが重要で、この戦略がマッチすると、顧客創造と共に、企業の成長が一段と加速する。

 

なお、顧客創造を加速する営業ノウハウに関しては「会社を拡大する営業戦略の実践ノウハウ」で詳しく解説しているので、是非とも参考にしてほしい。

 

➡NEXT「新規顧客を開拓する方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る