経営コンサルが教える数字の重要性

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営に失敗する社長は数字を軽視する|数字が成功と失敗を分かつ

経営に失敗する社長は数字を軽視する|数字が成功と失敗を分かつ

 

会社経営に失敗する社長は会社の数字を軽視し、「根拠のない経営判断」、つまり、勘に頼った会社経営で行き詰っている。

 

会社は経営判断の連続で運命を形作るので、根拠のない経営判断ほど経営の失敗リスクを押し上げる要因はない。

 

例えば、社長の日々の経営判断の繰り返しで、成長発展の末に幸せを手に入れる会社もあれば、低迷衰退の一途を辿り倒産の危機に瀕する不幸な会社もある。

 

社長の経営判断の精度が、会社の成功と失敗を決定づけるのである。

 

社長の経営判断が未来の成功と失敗を決めるという点において、一見するとヒトの人生と似ているかのように思えるが、大きな違いがひとつある。

 

それは、ひとつの判断にのしかかる責任の重さである。

 

ヒトの人生には、人生に大きな影響を与える決断(判断)が、さほど多くなく、せいぜい、進路、就職、結婚、育児、退職、程度だろう。

 

一方、会社はどうだろうか?

 

会社の経営判断に関わる要素は、安定経営、業績拡大、資金調達、資金繰り、投資拡大、組織掌握、人材育成、商品開発、新規事業、等々、挙げたらキリがない。

 

更に、ひとつの経営判断が会社の命運を決定し、経営者や従業員、取引先やお客様、関係者の家族など等、多くの人々の人生に影響を及ぼす。

 

ひとつの経営判断にのしかかる責任の重さは、ヒトの人生の比ではないのだ。

 

中小企業経営者は、まずこのことを自覚しなければならない。

 

 

経営に失敗しない経営判断をするには?

 

経営判断には二通りある。

 

根拠に基づいた経営判断と、根拠のない経営判断だ。

 

当然ながら、根拠のない経営判断ほど恐ろしいものはない。

 

例えば、1年365日、どんな患者に対しても、

 

体温や血液数値を測定せずに勘だけで処方している医者と、

 

体温や血液数値を測定し状態把握をしたうえで処方している医者、信頼に足る医者はどちらだろうか?

 

どちらが有能な医者かは、答えるまでもないだろう。

 

会社経営も同じで、根拠のない判断ほど、怖いものはない。

 

中小企業の場合、いかに小さな判断のミスであっても経営の失敗に結び付くケースが少なくなく、事実、社長の小さな判断ミスで会社が倒産の危機に瀕した中小企業は山のように存在する。

 

繰り返すが、業績が低迷し、衰退の一途を辿る会社に共通する要因は「根拠のない経営判断」である。

 

勘や経験に頼った会社経営では、いつか行き詰り、経営が失敗に終わってしまう。

 

やはり、確かな根拠に頼った経営判断を行わないと会社衰退のリスクは拭えない。

 

それでは一体、経営に失敗しない経営判断を下すための根拠はどこに求めたらよいのだろうか?

 

 

会社の数字は正しい根拠になり得る

 

正しい経営判断の根拠は、経営判断の結果である「会社の数字」に求めるのがベストである。

 

なぜなら、会社の数字には、失敗も成功も、事業活動のすべてが額面通り表れているからだ。

 

つまり、会社の数字を深く理解することが、経営の失敗を防ぐ有効な手段になるのだ。

 

事実、業績を伸ばしている中小企業の社長は例外なく数字に強い。

 

一方、業績を低迷させている多くの中小企業の社長は数字に弱い。

 

会社の数字に苦手意識を持っている中小企業の社長は少なくないが、数字の扱いに慣れると抵抗感は薄らぐ。

 

 

会社の数字を使った経営判断例

 

会社の数字を使った経営の判断例を紹介する。

 

例えば、売上成長率と営業利益成長率という経営指標を分析すると、会社の経営状態が大よそ分かる。

 

それぞれの経営指標の計算式は下記の通りである。

 

売上成長率=〔(当期売上-前期売上)÷前期売上〕×100

 

営業利益成長率=〔(当期営業利益-前期営業利益)÷前期営業利益〕×100

 

そして、分析結果の判定例は下記の通りである。

 

売上高、営業利益、共にプラス成長(前期よりも数値が上回っている)している場合は、順調に会社の事業規模が拡大していることが分かる。

 

これが、共にマイナス(前期よりも数値が下回っている)であれば、会社の事業規模が縮小していることが分かる。

 

売上高がプラスで、営業利益がマイナスであれば、商品、或いはサービスが価格競争に巻き込まれていて、事業の収益性が低下していることが分かる。

 

売上高がマイナスで、営業利益がプラスであれば、事業規模は縮小しているが、商品、或いはサービスの収益性が高まっていることが分かる。

 

このように、たった二つの経営指標を分析するだけで、会社の経営状態が浮き彫りになる。

 

会社の経営状態を正確に捉えることができれば、正しい経営判断を下すことができる。

 

当然ながら、経営判断を誤ることがなければ、会社経営に失敗することはない。

 

根拠のある経営判断を下すには会社の数字に強くならなければならない。

 

会社の数字を無視した経営に成功はあり得ないのだ。

 

➡NEXT「どんぶり経営の会社は倒産する」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る