経営改善を成功させる3つの法則|会社の経営改善手法とステップが分かる

会社の経営改善を成功させる3つの法則

 

経営改善は、企業存続の生命線になる重要な活動だ。

 

しかし、闇雲な経営改善は、かえって企業の寿命を縮める場合もある。

 

この記事では、中小企業経営者が抑えるべき経営改善を成功させる3つの法則について、詳しく解説する。

 

 

経営改善なくして会社の成長なし

 

経営改善なくして会社の成長なし

 

中小企業にとって、会社の存続を支える経営改善は必須の経営活動になる。

 

しかし、経営改善の計画と実行が正しく遂行できている中小企業は多くない。

 

例えば、経営改善の目的である経営課題の解消や利益の最大化が不十分、或いは、経営改善の実践度が不十分なだけでなく、そもそも経営改善の計画すらない中小企業は珍しくない。

 

繰り返すが、経営改善なくして会社の成長はない。

 

中小企業が倒産の危機に瀕する最大の理由は「経営課題の見落とし」であり、経営課題を解消するべく経営改善を放棄してしまっては、会社は衰退するのみとなる。

 

また、行き当たりバッタリや誤った認識での経営改善も危険で、このパターンも、会社が成長するどころか、衰退まっしぐらである。

 

早速、中小企業経営者が抑えるべき経営改善を成功させる3つの法則について、順を追って詳しく解説する。

 

 

経営改善その1「ギャップを捉える」

 

経営改善の正しいステップ1は「ギャップを捉える」だ。

 

ギャップとは、現状と目標の間にある経営課題のことだが、経営改善を成功に導くには、正しい現状分析と正しい目標設定が欠かせない。

 

なぜなら、誤った現状認識や誤った目標設定からは正しいギャップ、つまり、正しい経営課題は発掘できないからだ。

 

 

中小企業が「経営課題を見落とす」最大の原因は、ギャップを捉える精度が低い、或いは、ギャップを捉える経営スキルが経営者に身についていない、のどちらかだ。

 

正しい現状認識と正しい目標設定に最低限必要な経営スキルは、「管理会計」、「経営の思考法」、「スワット分析」等がある。(それぞれのワードをクリックすると解説記事が閲覧できる)

 

これらの経営スキルをマスターすれば、大よそ正しい現状認識と正しい目標設定ができ、経営改善の成功率がグッと高まる。

 

逆にいえば、これらの経営スキルが身についていなければ、経営改善の成功率がグッと下がり、場合によっては失敗するしか道がないという状況もあり得る。

 

兎に角、ギャップを正しく捉えることが経営改善を成功させる一つ目の法則になる。

 

 

経営改善その2「ギャップを解消する」

 

経営改善の正しいステップ2は「ギャップを解消する」だ。

 

ギャップを正しく捉えた後は、ギャップを解消し、目標に近づくための経営改善を推進する必要がある。

 

経営改善の計画作りに満足してしまい、実行が萎んでしまうパターンを稀に見かけるが、実行しなければ経営改善の成果は一切上がらない。

 

一つひとつ確実にギャップを解消してこそ、経営改善の成果が現れ、目標に近づくのだ。

 

 

なお、ギャップ解消のアプローチや方法論は会社の状況に応じて変化するので、日頃から会社を取り巻く環境を注視することが大切だ。

 

正しい認識のもとでギャップを解消することが、経営改善を成功させる二つ目の法則になる。

 

 

経営改善その3「効果測定と検証を継続する」

 

経営改善の正しいステップ3は「効果測定と検証を継続する」だ。

 

経営改善の結果は、売上の増減、経費の増減、利益の増減など、必ず会社の数字に表れる。

 

経営改善の効果を会社の数字で測定・検証するには、月次決算の集計精度を高める必要があるが、経営改善の効果測定と検証の精度が高まると、経営改善を進めながら適宜修正(補正)が働くので、経営改善が誤った方向に進むリスクが低下する。

 

もしも、経営改善を推進している最中に、次のような症状が出ている場合は効果測定と検証の精度が低い可能性がある。

 

☑一所懸命動いているのに会社が良くならない

 

☑経営に漠然とした不安を抱えていて安心できない

 

☑経営改善を行っているが一向に効果が実感できない

 

経営改善の効果測定と検証の精度を高めることが、経営改善を成功させる三つ目の法則になる。

 

 

会社の経営改善を成功させる3つの法則のまとめ

 

中小企業経営者が抑えるべき会社の経営改善を成功させる3つの法則についてまとめる。

 

正しい経営改善手法は「ギャップを捉える」→「ギャップを解消する」→「効果測定と検証を継続する」のスリーステップが基本の成功パターンになる。

 

経営改善の成果が今一つ出ていない場合は、このスリーステップのどこかの精度が低下している、或いは、どこかのステップ(作業)が欠けている可能性が高い。

 

基本の法則に従って経営改善を推進すると、必ず結果が出て、会社経営が益々楽になる。経営改善活動に終わりはない。客観的に現状を分析して、出来ることからトライしてみてほしい。

 

伊藤のワンポイント

経営改善は企業の存続を支える重要な仕事です。ですから、経営者が先頭に立って推進することが欠かせません。ギャップを捉え、経営改善計画を策定し実行する。この繰り返しが業績を改善します。そして、最も大切なことは改善結果を測定し、しっかり検証することです。この部分がおざなりになると企業が衰退します。

 

➡NEXT「経営改善を成功させる3つの視点|会社の業績改善の計画作りの基本」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 









 


人気記事ランキング
企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。この記事では、企業存続の3つの条件について詳しく解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る