人事評価に使えるフレームワーク

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

能力開発に役立つ人事評価の基準

能力開発に役立つ人事評価の基準

 

明快な人事評価の基準は、社員の能力開発と離職防止に役立つ。

 

なぜなら、明快な人事評価の基準があれば、社員自身がその基準に自分の能力を照らし合わせて何をすべきかを考え、自主的に能力開発に努めるようになるからだ。

 

当然ながら、経営者が明快な人事評価の基準を持ち合わせていなければ、社員の能力開発を手助けすることはできない。

 

加えて、曖昧な人事評価が蔓延し、社員の反発や離職を生み出すリスクが高まるばかりになる。

 

社員の自主的な能力開発環境を整えて、なお且つ、離職を防ぐには、経営者が然るべき人事評価の基準を持つことが欠かせないのだ。

 

社員の能力開発と離職防止に役立つ人事評価の基準は、大きく分けて3つの領域がある。

 

ひとつは、「技能スキル」、ふたつ目は「万能スキル」、三つ目は「経営者の必須スキル」である。

 

下図は、人事評価基準の領域図である。

 

 

技能スキルとは、業界特有の専門知識や資格、その仕事を遂行するために必要な技能のことで、基本、特定分野でしか通用しないスキルである。

 

万能スキルとは、思考力や実行力、或いは、コミュニケーション力といった、会社の中でも会社の外でも、どの分野、どの業種業態でも通用するスキルのことである。

 

経営者の必須スキルとは、経営理念や信念、或いは、優れた経営哲学を生み出す価値観のスタンスのことである。

 

この3つの領域のスキルをベースに人事評価の基準を作り上げると、自ずと、社員の能力開発と離職防止に役立つ人事評価基準が出来上がる。

 

 

人事評価基準の運用方法

 

技能スキル、万能スキル、経営者の必須スキル、この3つの人事評価の領域は、組織の階層によって用いるべき基準が異なってくる。

 

例えば、会社に入りたての新入社員は技能スキルを高めることを最優先しなければならない。従って、人事評価の基準は技能スキルに重きを置くことになる。

 

中堅社員は、技能スキルを高めつつ、万能スキルも意識しなければならない。従って、人事評価の基準は技能スキルと万能スキルに重きを置くことになる。

 

事業や部門をまとめる中間管理職は、技能スキルに加えて万能スキルを高めつつ、経営者の必須スキルも意識しなければならない。従って、人事評価の基準は、万能スキルと経営者の必須スキルに重きを置くことになる。

 

経営者は経営者で、経営者の必須スキルが揺るぎないものになるまで磨き上げる努力を継続しなければならない。経営者の土台が大きくなると、優れた技能スキルや万能スキルを持った人材がどんどん集まるようになる。

 

このように組織の階層ごとに評価すべき領域と基準を明快にすると、社員の合理的な人事評価と能力開発を手助けする環境が自ずと整備される。

 

明快な人事評価の基準が会社の隅々まで定着すると、さまざまな効果が生み出される。

 

例えば、技能スキルだけで一丁前と思い込む勘違い社員が少なくなり、素直な社員が多くなる。当然ながら、素直な社員が多くなれば、能力開発の成長スピードは一段と加速する。

 

また、人事評価の基準が明快だと、会社評価と本人評価のギャップも少なくなる。加えて、社員の能力不足を合理的かつ効果的にフォローすることもできる。

 

或いは、理念も哲学もない行き当たりバッタリの経営から抜け出すためのツールとしても有効に機能する。

 

➡NEXT「費用ゼロで効果大の社員教育の方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る