思考力を鍛える方法|考える力を高めるトレーニング法

思考力を鍛える方法|考える力を高めるトレーニング法

 

思考力とは、本質的な答えを導くための考える力である。

 

社会に出ると、自己選択の連続で自分自身の人生が形成されるので、思考力は、人生の豊かさやビジネスの成功に直結する極めて重要なスキルといえる。

 

この記事では、思考力を鍛える方法、並びに、考える力を高めるトレーニング法について、詳しく解説する。

 

 

思考力とは

思考力とは

 

思考力とは、本質的な答えを導くための「考える力」である。

 

思考力が高いと、あらゆる選択の機会がチャンスに変わるので、人生がどんどん豊かになる。また、ビジネスシーンにおいても、活躍のチャンスに恵まれ、必然的に大きな成果を出すことができる。

 

従って、思考力は人生における必須スキルであると同時に、ビジネスパーソンの必須スキルといって過言ではない。

 

思考力は、行き当たりバッタリの答えに終始するのではなく、その場、その時、その人に応じて最適な答えを導き出すスキルが本質になる。

 

また、思考力は知識がたくさんあっても鍛えられるものではなく、実生活における沢山の体験や経験を通じて鍛えられるものなので、日々のトレーニング(言動・考え方等)が非常に重要になる。

 

 

思考力を鍛える方法

 

思考力を鍛える方法について、詳しく解説する。

 

思考力を鍛えるには、知識を知恵に変える体験や経験をたくさん積む方法が最も効果的である。

 

例えば、未知の世界、苦労や苦悩、本質的探究、他者や異文化の受容など等の経験や体験を数多くこなせば、知恵や価値観の幅を広がり、思考力が鍛えられる。

 

思考力が鍛えられると、その場、その時、その人に応じて最適な答えを導き出す思考が定着するので、必然的に大きな成果を出せるようになる。

 

また、人間的魅力も高まるので、周囲から頼られる存在になり、人生もどんどん豊かになる。

 

 

考える力を高めるトレーニング法

 

思考力(考える力)を高めるトレーニング法について、詳しく解説する。

 

知識を知恵に変える体験や経験の他にも、思考力(考える力)を高める方法がある。それは、オープンクエスチョンの実践である。

 

オープンクエスチョンとは、自由回答(正解がない)を前提とした質問である。正解は自分の考えそのものになるので、オープンクエスチョンを自己完結(自分に質問し自分で答える)で回し続けると、自分の考え方の軸が定まり、思考力がどんどん高まる。

 

一方、オープンクエスチョンとは正反対のクローズドクエスチョンは、二者択一の回答(正解がある)が前提なので、いくら回答しても知識が増えるばかりで、肝心の思考力は一向に磨かれない。

 

学生時代(義務教育期間)は、正解のある選択(勉強・テスト)が圧倒的に多いが、社会に出ると、正解のない選択(社会生活・ビジネス・対人関係等)に迫られる機会しかなくなる。

 

つまり、オープンクエスチョンに対する自分の考えの発信力が弱いと、思考力が磨かれず、社会生活やビジネスにおいて大きな成果を出すことができなくなる。

 

逆に、自分の考えの発信力が高いと、自分の正しさに固執することなく、その場、その時、その人に応じて最適解を求める思考力が働くので、必然的に大きな成果を出せるようになる。

 

人生の豊かさやビジネスの成功は思考力が握っているといっても過言ではない。言い換えれば、思考力さえ高めれば人生の豊かさもビジネスの成功も得られるということだ。

 

➡NEXT「指導者の5つの条件|優れたリーダーのあるべき役割・資質・心得」へ

当サイトのコラム記事はビジネスコンサルティング・ジャパン株式会社が執筆・監修しています

 






 


人気記事ランキング

なぜ会社が衰退するのか?なぜ会社経営に失敗するのか?私の経験から分かった中小企業の成長と衰退の法則と共に、会社経営の成功のカギを詳しく解説しています。

企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。企業存続の絶対条件について解説しています。

経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


実践ノウハウ:経営コンサル直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る