指導者の5つの条件|優れたリーダーのあるべき役割・資質・心得

指導者の5つの条件|優れたリーダーのあるべき役割・資質・心得

 

優れた指導者の条件は5つある。

 

知識、熱意、洞察力、責任感、無欲、である。

 

この記事では、優れた指導者の条件、並びに、リーダーのあるべき役割・資質・心得について、詳しく解説する。

 

 

指導者の条件1「知識」

 

指導者の条件1は「知識」である。

 

指導の良し悪しは知識、つまり、基本で決まる。

 

仕事や業務知識だけでなく、会社経営の基本から組織論やリーダー論に至るまで、知識量(基本力)が指導効果を左右する。

 

また体験を通じた知識をたくさん持つことも重要だ。体験という裏付けのある知識はリアリティーがあるので、理屈っぽくならず、相手に抵抗なく伝わるからだ。

 

 

指導者の条件2「熱意」

 

指導者の条件2は「熱意」である。

 

指導者の熱意は重要だ。会社経営の成果は、経営者の能力×思考×熱意で決まるが、指導も一緒だからだ。

 

指導者の執念や向上心がなければ、良い指導はできないし、指導し続けることを心から楽しむこともできない。

 

指導者の熱意が部下に伝播すれば、指導効率は飛躍的に上がる。何より、熱意なき指導者に、部下はついて来ない。

 

 

指導者の条件3「洞察力」

 

指導者の条件3は「洞察力」である。

 

指導する上で洞察力も重要になる。なぜなら部下の性格や能力は十人十色だからだ。

 

マネージメントやコミュニケーションを円滑に遂行する。或いは、部下の希望や不安を見極めるには洞察力が欠かせない。

 

洞察力は、観察力、分析力、客観性、先見性などを発揮することで磨かれるが、とにかく、一人ひとりの部下にフィットした指導を実現するには、洞察力が不可欠で、この力が不足すると、指導効果が著しく低下し、場合によっては離職が加速する。

 

 

指導者の条件4「責任感」

 

指導者の条件4は「責任感」である。

 

指導者にとって責任感も重要な要素になる。部下の失敗を自分の責任として考えることができるか否かが、良き指導者の分岐点になる。

 

また、責任感は、反省の源泉にもなるので、たとえ失敗したとしても、その失敗体験から成功ノウハウの芽が生まれやすくなる。

 

部下は指導者の背中を見て育つ。指導者の責任ある言動が、部下を育てるのだ。

 

 

指導者の条件5「無欲」

 

指導者の条件5は「無欲」である。

 

無欲とは、部下の利益を誠実に考え、部下の利益を最優先するということだ。

 

自己利益を考えた言動に陥るのではなく、部下の利益を優先する言動に徹することが出来れば、部下からの信頼が厚くなり、細かく指導せずとも、部下が自分自身の力で育つ努力を始める。

 

無欲であることは、指導者やリーダーのみならず、経営者や成功者の必須条件といっても過言ではない。

 

 

指導者の5つの条件のまとめ

 

知識、熱意、洞察力、責任感、無欲。

 

この5つの資質が、先天的に備わっている人もいれば、経験を重ねながら身に付ける人もいるが、重要なのは、その気になれば、誰でも習得できるスキルだということだ。

 

そして、大切なことは、指導者の学び続ける姿勢である。

 

これが良い指導者という終着点はない。現状に満足せず、更に上を目指す姿勢を自ら示し、部下と共に成長できる指導者こそが、あるべき姿であり、部下が求める指導者である。

 

飛躍する人間は、必ずどこかで飛躍するきっかけに出会っている。誰とも出会うことなく自分で自分に火をつけるタイプは稀で、その殆どが、よき指導者との出会いなど、他人の影響で自分も燃えるタイプだ。

 

飛躍のきっかけを与えたい指導者は、この5つの条件を意識した指導を心掛けることをお薦めする。

 

➡NEXT「なぜ社員の評価基準が必要なのか?|社員の能力開発に欠かせない人事評価とは」へ

 

 

経営セミナー「事業を拡大する社長の仕事とリーダーの条件が分かる」

 

本経営セミナーでは、事業拡大を加速する社長の仕事とリーダーの絶対条件について事例を交えて分かりやすくお話しします。会社をさらに拡大したい経営者(リーダー)は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒経営セミナー「事業を拡大する社長の仕事とリーダーの条件が分かる」はこちら

 

 

おススメ記事

 

 

 

 









 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る