先行き不安の正体とは

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

社員が会社を辞める本当の理由

社員が会社を辞める本当の理由

 

社員が会社を辞める理由が何であるか、考えたことがあるだろうか?

 

社員が会社を辞める動機はより良い環境を求めるところにあるので、社員が会社を辞める根本的な理由を突き詰めて考えると「先行きの不安」ということになる。

 

従って、社員が抱いている先行きの不安を解消することなく放置していると、いつしか社員の離職願望が大きくなり、会社を辞める事態を招いてしまう。

 

社員が辞める根本理由である先行きの不安は、ふたつに分類できる。

 

ひとつは、会社の成長に対する先行きの不安、もう一つは社員自身の成長に対する先行きの不安である。

 

ここで重要なのは、社員の能力やスキルによって、会社を辞める理由が変わることである。

 

例えば、有能な社員は、会社の成長に対する先行きの不安を少しでも感じると、新天地を求めて会社を辞める。

 

この場合、社員が辞める理由が会社の業績にあるので、防御策は健全経営を実現することに尽きる。

 

一方、新入社員や若手社員などは、会社の業績がどうであれ、自分自身の成長に対する先行きの不安が大きくなると、新天地を求めて会社を辞める。

 

例えば、会社にいても更なる成長が見込めない、同世代に比べて成長が遅れるのではないか、といった先行きの不安は、会社を辞める理由になり得る。

 

この場合、社員が辞める理由が社員自身にあるので、社員の不安さえ解消してあげれば離職を防ぐことができる。

 

 

社員の不安を解消して離職を防ぐには?

 

社員の不安を解消して離職を防ぐ方法はふたつある。

 

ひとつは健全経営を実現すること、もう一つは、人材育成をしっかり行うことである。

 

社員が辞める根本理由である会社の業績不安と社員自身の成長不安を解消するには、健全経営を実現し、なお且つ、社員の明るい将来像を具体化する人材育成の推進が欠かせない。

 

特に中小企業にとっては、新入社員や若手社員が将来を担う貴重な人材になるので、離職を防ぐ人材育成の推進は必須である。

 

例えば、同世代に比べてこれだけの経験が出来て、このような段階を経て社会で広く通用する人材になれる、という明確な人材育成方針を伝えるだけでも、漠然とした先行きの不安を解消することができる。

 

さらに、課長、部長、役員、社長という階層毎に、理想のモデル社員がいれば、なおさら効果的だ。(中小企業であれば社長や役員といった幹部社員がモデル社員であっても良い)

 

なお、効果的な人材育成手法については「強い組織を作り上げる実践ノウハウ」のカテゴリーで詳しく解説しているので、是非、参考にしてほしい。

 

人材育成をしっかり推進すると、社員自身の成長不安が払しょくされて、会社を辞める理由がなくなっていく。

 

また、社員が辞めることなく会社に貢献するほど、組織力向上と共に業績が一段と伸びるので、人材育成には一石二鳥の効果がある。

 

社員が辞める理由である先行きの不安を見逃していないか否か、一度、点検してみてほしい。

 

➡NEXT「絶対評価と相対評価、人材育成に適した人事評価はどっち?」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る