中小企業の社員教育法

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

できる社員の育て方をマスターする

できる社員の育て方をマスターする

 

できる社員の育て方は、社員の自主性と責任感の双方を育てることがポイントになる。

 

なぜなら、社員の自主性と責任感を育てないと、自らの考えで行動することができない「指示待ち社員」という残念な結果が待っているからだ。

 

社員の自主性の育て方は、難しくない。

 

お伺いを立てるときに「必ず自分の意見を述べること」を習慣化するだけで、社員の自主性が高まり、自然とできる社員に育つ。

 

例えば、「これは、どうしたら良いですか?」という聞き方はNGである。

 

できる社員を育てるには、「これを、このようにしたいのですが、宜しいですか?」というように、常に自分の意見を入れた聞き方を徹底させなければならない。

 

経営者が率先して社員の意見を聞くように意識していると、段々、社員側も自分の意見を述べることに抵抗感がなくなり、徐々に自主性が高まっていく。

 

そして、社員の自主性が立派に育つと、事に当たるたびに、「自分ならどうするだろうか?」或いは、「自分ならこうする」というように、常に自分の意見を考えることができる、思考力の高いできる社員に育つ。

 

中小企業のなかには、社員の仕事に対して、事細かく指示命令している経営者がいるが、これでは社員の自主性が育つことも、できる社員が育つこともない。

 

経営者自身が聞く耳を持って社員の自主性を引き出すことが、できる社員を育てる秘訣なのだ。

 

 

社員の責任感の育て方とは?

 

社員の責任感の育て方は、数字と期日の徹底にある。

 

なぜなら、数字と期日が欠落した目標では、目標達成のための行動が非効率、かつ無責任なものになってしまうからだ。

 

例えば、「営業回数を増やして売上を伸ばしたいと思うのですが、宜しいですか?」という聞き方はNGである。

 

できる社員を育てるには、「〇月〇日から営業回数を2倍に増やして、〇月〇日までに売上を〇〇〇万円に増やしたいのですが、宜しいですか?」というように、数字と期日を徹底させなければならない。

 

数字と期日があれば、社員は嫌でも目標を意識せざる得ないので、目標達成の行動が効率的になり、かつ目標に対する責任感も高まる。

 

また、経営情報を開示することも、社員の責任感を育てるのに有効である。

 

例えば、売上から利益に至るまでの会社の数字の開示は、できる社員を育てるうえでの絶対条件である。

 

なぜなら、会社の数字の理解なくして、数字に対する意識も責任感も高まらないからだ。

 

会社の数字の理解度が深まれば、間違いなく数字に責任を持つ、できる社員が育つ。

 

逆に、会社の数字の理解度が浅ければ、利益意識やコスト意識が欠如し、責任感のない社員になってしまう。

 

数字と期日を強く意識し、なお且つ、利益やコスト意識の高いできる社員を育てるには、経営情報を開示しなければならないのだ。

 

➡NEXT「成果主義のメリット・デメリット」へ

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る