結果を出す人と結果を出せない人のたった一つの違い|仕事の成果を上げる人の特徴

結果を出す人と結果を出せない人のたった一つの違い|仕事の成果を上げる人の特徴

 

世の中には何をやっても結果を出す人と何をやっても結果を出せない人がいる。

 

当然ながら、結果を出す人の仕事人生は時の経過と共に豊かになり、結果を出せない人の仕事人生は時の経過と共に厳しいものになる。

 

この記事では、結果を出す人と結果を出せない人のたった一つの違い、並びに、仕事の成果を上げる人の特徴について詳しく解説する。

 

 

結果を出す人と出せない人のたった一つの違い

 

結果を出す人と結果を出せない人のたった一つの違いは「見ている景色」である。

 

例えば、結果を出せない人は、夢が叶うことを願うばかりで現実を見ていない。一方の結果を出す人は、夢を実現するために現実を見て、今やるべきことを愚直に実践し、小さな成果を確実に積み上げている。

 

見ている景色が違えば行動が変わり、その行動が結果に大きな影響を及ぼす。見ている景色一つで、結果は大きく変わるのだ。

 

あなたはどんな景色を見ているだろうか。

 

たとえドン底にいたとしても、現実を直視し、今できることをコツコツと積み上げれば、何れ大きな結果に繋がる。今ココに全力で尽くす姿勢が大きな成果を引き寄せるのだ。

 

 

結果を出せない人の特徴

 

結果を出せない人の特徴について詳しく解説する。

 

結果を出せない人は現実が見えていないので、今やるべきことが分かっていない。

 

いつまで経っても行動が変わらないので、結果が出ない環境から抜け出すことが出来ず、何をやっても結果が出ない。

 

いつも結果が出ないので周囲からの信頼が得られず、お金や人脈などの成功要素を引き寄せることができず、結果を出すのが益々大変になる。

 

また、結果が出ないことを他者(他人・環境・条件等)のせいにするので、いつまで経っても成長することがない。

 

 

圧倒的な結果を出す人の特徴

 

圧倒的な結果を出す人の特徴について詳しく解説する。

 

結果を出す人は現実が見えているので、今やるべきことが分かっている。

 

結果を出すために何ができるかを日々真剣に考えているので、行動がどんどん変わり、何をやっても結果が出るようになる。

 

結果を出すほどに周囲から信頼されるので、自ずとお金や人脈などの成功要素が集まり、簡単に大きな結果を出すようになる。

 

たとえ結果が出なくても他者のせいにするようなことはせず、自分の責任として結果が出ない状況を真剣に分析し、成功の一手を見出すまで決して諦めない。

 

また、現状に満足せず、更に上を目指すマインドを持っているので、中途半端な結果ではなく、圧倒的な成果・結果を出すことができる。

 

➡NEXT「自我(エゴ)が強いと仕事の成果に陰りがでる|エゴイズムを無くせ」へ

当サイトのコラム記事はビジネスコンサルティング・ジャパン株式会社が執筆・監修しています

 






 


人気記事ランキング

なぜ会社が衰退するのか?なぜ会社経営に失敗するのか?私の経験から分かった中小企業の成長と衰退の法則と共に、会社経営の成功のカギを詳しく解説しています。

企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。企業存続の絶対条件について解説しています。

経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


実践ノウハウ:経営コンサル直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る